小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

時間の使い方

2019年10月16日

受験生の皆さん 定期テスト前の部活動がない1,2年生の皆さん

 

 

勉強している気持になっても 成果が表れない人の特徴って知ってますか?

 

それは時間の使い方が下手。一番わかりやすいのは

夕方の時間、下校してから夕食や塾の前までの時間の使い方です。

 

夕食を食べてから、塾から帰ってからじゃないと勉強する気にならない。

これがダメダメタイプの典型です。

 

放課後 家でぼーっとテレビやゲームをする人と

図書室や塾の教室で自分の課題をこなす人の差は結構大きいです。

 

 

真夜中は思索にはいいが 効率的勉強には不向きです。

 

理想は夕方と早朝と少しの深夜です。

 

 

 

 

もしあなたが土日の午前中に勉強時間を確保してたら

確実に成績上位です。

 

休日の午前中にいつも通り起床して午前中3から4時間学習時間を確保する人間ほとんど

合格します。

 

成績を上げる習慣

2019年09月04日

この文章は2014年9月の教室便りの内容です。

 

受験生の皆さんは受験まで半年を切る人たちもいます。
今回のコラムのテーマは「成績の上がる人タイプ」について書きたいと思います。

成績の上がる受験生にはある一定の生活習慣があります。もちろん例外もありますが、ほとんどの場合は次の2つの法則のどちらか、または両方当てはまります。

 

① 夕方または朝方の時間を有効利用している。

成績の上がらないタイプの人の口癖というか特徴は「暗くならないと勉強する気にならない。」「夜にならないと集中できない。」というものです。
放課後から夕飯までの数時間をどのように過ごしているのかが非常に大切です。
学校が3時や4時に終了して、塾の時間、夕飯の時間までの時間は無駄にしやすい時間帯です。 ドラマの再放送をボーっと見てしまったり、友達とまったりおしゃべりをするとあっという間に夜になります。塾のない日は9時、10時から机に向かいエンジンがかかるのは11時・・・時間の無駄使いです。
学校が終わると、図書館や塾の空き教室に立ち寄る習慣がある人はない人に比べて
これから受験まで200時間以上も有効な時間の使い方ができます。

またかなり有効なのは早朝の勉強です。昔から朝方を勧められますが、実際に朝5時から登校時刻までに自分の決まったテーマの勉強をしている人は多いです。
宿題は朝やる派もいいと思います。 

 

② 休日の時間(特に午前中)を有効利用している。
これまた成績の上がらないタイプの人の口癖は「休みの日くらいゆっくり寝ていたい。」
というのがあります。午前10時、11時までベッドの中で昼ごろ起きだして、何もしないで夕方になってサザエさんを見て、夕飯食べてから机に向かう・・・これは最悪ですね。
土曜、日曜は午前から活動しましょう。「いやいやそれは大変ですよ~。」と思うかもしれません。でも習慣にしてしまうと意外と楽ですよ。日曜日の朝5時とか6時に起きて
勉強机に向かう。または平日と同じ時間に起きて、学校に行くようなタイミングで図書館などに出掛ける。 夜は結構自由に時間が使えます。

③ お気に入りの勉強場所を確保している。
成績の上がる人の習慣は実はシンプルです。 同じような生活パターンで動いています。
その中でも勉強するお気に入りの場所を自分で確保している人が多いです。
決して自宅の勉強机だけが学習場所ではないです。

  夕方は塾の教室を利用できますし、もちろん学校の図書室もいいでしょう。
  朝は自宅でも誰もいないリビングでもいいですし、早めに登校するのも有効です。
 休日の朝は時にはコメダとかの勉強自由の場所を利用している人もいます。
もちろん自分の机が基本とはなりますが、自分の部屋、机でしか勉強ができない人は伸び悩みます。自分の生活パターンに合った学習場所を探しましょう。

 

 

      フラップ指導会 代表 飯塚 晃

塾に来ても頭はよくならない!

2019年04月24日

 

子ども達が時々このようなことをつぶやきます。

「頭が良くなりたい。」

「○○くんは頭がいいんだよね。」

「塾に来て頭が良くなりたい。」

私は塾に来て頭が良くなるかどうかはわからないといいます。

「頭が良くなるってどういうことなの?」 子ども達に聞いてみます。

「頭がいいって 勉強ができる。ってことでしょ?」 

 

多くの人は勘違いをしている場合が多いようです。
特に勉強が不得意な子どもは 成績が良い生徒さんを 「頭が良い」と思っている場合が多いです。

私は 「ちょっと違うのに。」 そういつも感じています。

正確に言うと 順序と考え方が違うのです。

テストの成績が良いのは 頭が良いからでは無い場合が多いです。
知識量やそれを使った思考方法を身につけているのです。

勘違いをしている生徒さんがいます。
頭が良くなると 自然と勉強もできるようになる。・・・・そんなことは無いですよね。

成績が良い人はほとんどの場合(一部の天才はわかりませんが) 
地道に知識を脳内に取り入れて、その使い方の例も繰り返しているだけです。
極端に言えば知識量の違いです。

ただ知識を入れる→思考する→今までの知識を元に新しい知識を入れる→思考する

このサイクルを繰り返していると「頭が良くなります」

いや乱暴な言い方をすると 勉強をしても頭は良くならないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話しは少し変わりますが、千葉テレビで ロッテマリーンズの選手による野球教室のような番組があります。
マリーンズ戦の時にいろいろな選手が 練習方法や技術を指導してくれています。
その内容ですが どれも 非常に基礎的な内容です。そしてとても合理的な内容なのです。

例えば一塁への走り方にしても どこでスピードを上げるのか、 ベースにはどちらの足で走りこむのか?
そのような基礎の基礎を身にしみ込ませているのがわかります。

プロ野球選手の練習は非常に地味だと聞きます。
ホームランをガンガン打つ練習をイメージしがちですが
一番重点を入れているのは 素振りそれもゆっくりとした素振りやティー打撃。

投手では誰も魔球の練習はしません。
地道なランニングとシャドウピッチングが多いそうです。

彼らプロ選手は小学生の時から何万回以上もバットを振り続けていると思います。
それでも毎日 イメージをしながら自分のフォームを作っているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭を良くしよう!と思って勉強をするのは傲慢なことです。
目の前の事項を知識を 考え方を覚えたり、理解したりすることだけを地道に繰り返すことが一番大切なことだと思います。    フラップ指導会 代表 飯塚晃

 

色々気が付いたことやヒントになりそうなこと 3

2019年03月13日

今回もコマ切れですが、気が付いたことを書いていきます。
今回は成果の上がる子とそうでない子の考え方についてです。

1、 成果の上がらない子は「頭が良くなれば成績が上がる。」と考えます。
成果の上がる子は「一つ一つの課題を積み上げること」を考えます。 
  なかなか成果の上がらない生徒さんの思考方法は 頭がいいから成績がいい。と考えがちです。勉強をすると頭がよくなって自然と成績が上がってくる。という思考です。
  もちろん頭がもともと良いのに越したことはありませんが、自分が成果を上げるためには「知識を増やして、その使い方のパターンの組み合わせを理解して、スピードと効率を良くする。」という当たり前の積み重ねを続けていくしかないのです。それを理解しないと永遠の成果は上がりません。
  
2、 成果の上がらない子は「自分のミスに対して寛容」
成果の上がる子は「自分のミスに不寛容で、そこを掘り下げる。」
ミスに対する接し方は非常に重要です。
次のようなセリフは危険です。
「おっちょこちょい」「ケアレスミス」「気を付ければ本番では大丈夫。」
頭が良くなるのが目的なのだからミスは本質的な問題ではない。と考えているのかもしれませんが、全く逆です。成果の上がる子は自分のミスに対しての記憶力が優れているのです。ノートに記録するのか、頭脳に記憶するのかの差はありますが、着実に積み上げてミスの回数を減らしていきます。
  
3、 成果の上がらない子は「ノルマをこなせば成績が上がる。」と考えます。
成果の上がる子は「作業やノルマの意味を理解しよう」と考えます。

    典型的な例ですが、宿題で学校にワークの提出があります。答えを写したり、
    機械的に回答を書き連ねるだけでは学習の意味は全くないですよね。
    ノルマをこなしたのだから、義務を果たしたのだから成績が上がる権利がある。    
    と考えてしまうと停滞の渦に巻き込まれてしまいます。
    「言われたことはやったのに!」では成果は上がりませんよね?
   この作業の目的は何なのか?これを考える子や自然に身についている子は成果は上がります。覚えるのか?理解するのか?速度なのか?

            フラップ指導会 代表 飯塚 晃

 色々ヒントになりそうなこと 2

2019年02月28日

前回の続きです。生徒さんや保護者の皆様に何かしらのヒントになれば幸いです。

1、勉強が苦手な生徒さんにありがちな特徴。
変なマイルールがあったり、意味のない頑固さがある。特に中学生になって伸びない。
高校生になって勉強についていけないタイプは過去の自分の学習方法を変えられない。
中学校の時と同じルール、意識のまま、人のアドバイスを聞かないとそのまま成績は低下していく。
2、頑固なマイルールを変えない生徒さんに頭ごなしにアドバイスを与えても、本当に困るまでは聞く耳は持たない。そして本当に困ってからではもう手遅れの場合が多いのだが、その頑固さを自己認識できる場合がある。
それは周囲の友人やクラスメイトの存在である。自分と同じような効果が上がらない勉強方法を信奉しているクラスメイトを客観的に認識する機会があると変われるチャンスもある。 
3、学習塾の利用方法で最も有効なのは不得意科目の克服と効果的な点数の取り方を知ることである。優秀な学習塾の講師の特徴は、物事をパターン化、類型化して効率的に
生徒さんが身に着けられるかを常に考えていることである。もうこれは本能といってよい。 その為に文系志望者が数学を、数学が得意な生徒が現代文を伸ばす場合には
教習所で運転免許を取るように整理された情報を要領よく身につければいいのである。
4、才能や長所、得意科目を格段に伸ばすには多くの学習塾は不向きである。5歳以下、遅くとも10歳までに専門の学習機関や専門家の手に委ねるべきである。数学が得意な子に整理された解法パターンを伝授するのなんかは愚の骨頂である。環境とマニアックな師匠とマニアックな友人があれば勝手に伸びていく。
5、社会は暗記科目という人がいるがこれは上の3と4を考えると半分本当で、半分はウソである。受験のために、点数を取るために社会を学ぶなら暗記が手っ取り早いし
それしか道はない。そしてそれは苦行が少し伴う。
しかし、幼少期から歴史や世界に興味をもってる子供には逆に取り入れられる情報はすべてアスリートの筋肉や骨格を構成する栄養素となりうる。

フラップ指導会  代表 飯塚 晃

1 2 3 4 5 20