小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ 体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

桑田野球と木内野球2

2013年02月09日

前回の続きなんですが
仁志の「我が心の木内野球」を読んで感じたのが

木内野球と桑田野球って結構似たところがあるんです。

桑田の野球論というか教育論って
①根性・精神論ではなく合理的で効率的に練習する。

②無軌道な上下関係を廃し 先輩絶対服従などの前近代的な部分をなくす

③褒めて伸ばす。思考させる。考えさせる。

そんなところが要点だと思うが、木内野球も結構似ている部分が多いんです。
ただ決定的に違うのは 桑田野球ってやはり精神主義なんです。
新しい野球道の提言なんですね。
結局は野球は教育の一環、人を育てる。という思想が根底に流れているように
思うのです。 そこが前回私が書いた 「説教臭い」ってことです。

上記の①②③すべてが新しい道徳観によって構成されている考えですよね。

余談ですが 昔 王さん(今はソフトバンクの会長)が現役のとき
テレビ番組で少年野球の子どもから質問があったんです。

「どうやったら野球が上手くなりますか?」

王さんは 「お父さん、お母さんの言うことを聞いて、勉強も練習も沢山しなさい。」って言うような
話しをされたんです。

確かに・・・・正しいです。 でも子供心に「なんかちがくね?」という感じはしました。

現在の桑田が言っている「感謝」も同じですよね。

木内野球は桑田野球を更に合理的に 説教臭さを抜いた感じです。

木内監督は生涯 職業監督でした。 教員の監督ではなかった。
教育と言う視点が一義になっていないんです。
そこが私は非常に好きです。

「お前は教育者の端くれじゃないのか!?」とお叱りを受けそうですが

多くの人が教育について勘違いしていると思います。

教科指導者も
野球の指導者も教育に携わる人間としての教育者には違いありません。

ただ方法を勘違いしてはいけないのです。
数学の先生は数学を通して教育を行うのです。
野球の監督は野球を通して教育を行うのであって
牧師でも道徳の先生でもないのです。

数学を指導することによって 思考方法を教育する場合もあるでしょうし
低学年なら 整理整頓を教育する場合もあるでしょう。

野球というゲームを通して
様々な事を結果的に子供が学ぶことはあるでしょうが
それはスポーツを極めよう、勝利を得ようという行動によって
初めて得られるものです。

そこが違うんですね。
桑田の野球観はやはり野球道がその底流に流れているんです。
それに対して木内監督は
「勝つために何をするのか?」を究極的に思考しています。

だからでしょうか この本にも「心の野球」とか「精神野球」にようなフレーズは皆無です。
恐らく木内監督の脳内には
「それで勝てるならそれでもいいべ?」という気持ちがあったと思います。
根性野球でものびのび野球でも合理的野球でも
そんな能書きではなく勝てる野球が良い野球。という思想だったのでしょう。

この本にも書いてありましたが
そのために力を入れて行った練習が
ランダンプレー(塁間の走者を追い詰めるプレー)や
バントからバスターへのプレーや
サインプレーなどの練習に時間をかけたようです。
守備の練習もいかに効率的に合理的にアウトをとることが出来るか?を練習したようですね。

ここが桑田野球や他の高校野球の監督と違うところでしょう。

桑田の合理的というのは 効率的に科学的に「個人」が上達する。というピッチャー的思想
木内野球はどうやったらチームが勝てるか、非力な個人でもゲームに勝てるかと言う思想

その証拠に 常総学院って2回全国制覇して 甲子園常連でも
プロで活躍した人って少ないですよね。 個人の能力を伸ばすことには力を入れていなかった。
そしてプロで大活躍したのは
ジャイアンツの仁志と
ファイターズの金子誠くらいです。
両者とも 二遊間の選手で、野球脳がずば抜けて高いタイプですよね。

もうこれは個人的な好みなのですが
私は木内監督の「ゲームに勝つ」野球という思想が好きです。

 

もう少し続きます。

 

桑田野球と木内野球

2013年01月29日

大阪の桜宮高校の体罰問題が話題になっている。
その中で新聞社やNHKがもと巨人の桑田の話を取り上げていた。

記事を読んだり、インタビューを聞いているうちに

「なんか変だな?これ?」 と思った。
イメージ先行の素人さんは騙せても。俺は騙されないぜ・・・ そんな気持ちだった。

どうしてもマスコミの論調に乗ってしまうと

体罰悪VS体罰容認の二元論になり 桑田や尾木ママに反論しようとすると
極悪人、酷い奴というレッテルを張る低次元な話しになりそうなのだが
そんな話しじゃない。

変だな?と直感的に感じた部分は次のようなところだ。

まずなぜマスコミは桑田真澄にコメントを求めたのか?
なぜ彼に語らせたのか?という疑問だ。

 

その基調にあるのは
①プロ野球で抜群の実績を出している選手の中でアンチ体罰派だったこと。
②早稲田の大学院でスポーツ科学の修士論文を出した。

その上で視聴率がとれる、影響力があるからなのだろう。

 私はなぜ桑田真澄なの?と思ったよ。
まず彼の主張が ピッチング技術に関するものなら非常に説得力のあるものであることは
疑いのない事実。
でもテーマは教育でしょ?たとえそれが課外活動上の話しでも
桑田には指導者の実績は事実上ゼロですよね。

そして彼が出した論文は修論・・・・ 学生のそれですよね。

自己体験は傾聴に値するし、とても面白いのだが
プロとしての教育現場の経験は何もない。

なぜマスコミはその人に
「体罰はどう思いますか?」 と聞けるの?

そしてそれに対して桑田は
「実力のない指導者が体罰をする。」という結論を導き出せるの?
指導者経験がまったくないんですよ。 可笑しいですよね。

少し例をあげます。

マスコミの抜粋の仕方が間違っているのかもしれないが

桑田は体罰では野球は上手くならないと主張している。

それに対して
プロ野球選手、東京6大学の野球部の選手にアンケートをした結果が
掲載されていた
83%の選手が体罰が有効だったと回答。と記載されている。
桑田はその結果に
「それは違う!」と断じているのだ。 ガクっ!!
それを個人的な感想で否定したら 研究論文にならないじゃん。

研究論文として完成させるには
戦績なり打率なり 首都リーグの1部と3部とか
何か比較対照するものを用いて
対照実験を行って 相関関係を導き出さないと
論文としての体はなさないんじゃないのか?  と・・・・

いや・・実際にそう思いませんか?
私は個人的には この体罰が必要か否かの議論は嫌いなんです。
イデオロギーに左右されて、感情論になりやすいからです。
細かい定義づけをしないで議論するのは意味がないと思うからなんですが・・・

小論文的視点からいうと相当点数低いですよね。
青年の主張としては正しい。のかもしれませんが???

 

また桑田の主張だけでなくマスコミに多く視られる
体罰の原因に「勝利至上主義」をあげているが

勝利至上主義は別に悪いことじゃないですよね?
野球とかバスケって相手より多くの点数を「ルールを守って」
沢山とりあうゲームなんですから
そこを否定したらスポーツ自体の楽しさも否定しませんかね?

問題なのは勝利のために「ルールを守らない」という部分ですよ。
筋肉増強剤はいけない。というルール
部活動の指導で体罰はいけないというルール。
野球のために奨学金は禁止と言うルール。←これがあるかどうかは不明。

こういうルール内で最高のパフォーマンスを出して勝利を目指せ! ていうのはいいと思うのですが。

 

話しがずれましたが 私は別に体罰についてその是非を書くつもりはないのですが
あまりに感情に流されたマスコミの流れなので 少し取り上げてみました。

桑田がインタビューに答えている時に 
「この人の話を聞いてみたい!」と思ったのは2名います。

1人は私が尊敬する人物・・・松平康隆 元全日本バレーの監督
もう1人が 高校野球の名将 木内監督です。

両者とも実績においては右に出るものはいないですよね。
松平監督は 日本のスポーツ界において オリンピックの男子団体の球技で
金メダルを獲得した監督は彼だけです。
ただ残念なことに鬼籍に入られたのでもう詳しい話は聞けないのですが・

木内監督 この人の実績は桑田と対比するにはとてもよい人物だと思います。

1984年30年前 取手二高を率いて夏の甲子園 全国制覇を成し遂げたのが
木内監督ですよね。
取手二高の決勝戦の対戦相手が 桑田、清畠KKコンビのPL学園
ちなみに桑田、清原は高校在学中に5回甲子園に出場しています。
1年の春は入学式前ですから出場不可能ですので
可能な大会は全て甲子園に出ています。 そそて優勝2回、準優勝2回です。
怪物ですよね。

そのモンスター高校 PL学園を破って全国制覇したのが
茨城の普通の公立高校だったんです。 少し痛快!じゃないですか?
ちなみに木内監督は土浦一出身です。 いわゆる木内マジックです。

木内監督はどのような指導を選手にしたんだろう?
そう思っていたとき 絶好の本を見つけました。

「我が心の木内野球」 元ジャイアンツの仁志が書いた本です。
これが面白い!

桑田の説教臭い 野球論とはまったく違う。
勝つための論理的な思考方法が 沢山かかれています。

次回はそれについて書いていきます。

 

ルール

2012年08月23日

ロンドン五輪の余韻も徐々に収まってきたこの頃です。

今回、私が何か納得いかない出来事があった。
「女子バドミントン」の無気力試合とそれに伴う失格の事件だ。

韓国、中国、インドネシアのバドミントンのペアがトーナメントを有利な組み合わせにするために
意図的に負けたことが

オリンピック精神に反する。
スポーツマンシップに反する。
という理由で失格になった。

確かにそのおかげで日本のペアが史上初めてのバドミントンでのメダル獲得につながったわけだが・・・

なんか納得いかない裁定だ。

冷静に考えてみると
彼女たちは当該の試合にはわざと負けようとした。
無気力試合をしたことは事実だ。

だがその理由は単一の試合での勝利よりも
大会全体でのより上位に繋がる可能性のある闘い方をしたことも事実だ。

彼女たちの失格を決定したのは
国際バドミントン連盟だが

インドネシアや韓国や中国の選手やコーチは
国際バドミントン連盟の作ったルールの中で
より条件のよい闘い方を選択したに過ぎない。

予選から決勝トーナメントに至るまでのルール作りの稚拙さが
今回の事件の引き金になったことは紛れもない事実だ。

ルールの不備の責任は100%連盟側、開催側に非があるにもかかわらず
それを一方的に選手の責任に転嫁することは解せない。

特にルールのち密さが欠如してることによって起きた事件
主催者側の見込みの甘さに起因しておきた事件にもかかわらず
選手が「オリンピック精神に反した」という精神性の理由に捻じ曲げてしまう。
連盟の自らの甘さや見通しの甘さの責任問題にはしないで
選手の人間性を非難するという 傲慢さには納得いかない。

単一の試合でも無気力試合はオリンピック精神に反するというのなら
それが不可能な大会の設計をするべきだ。

何度も書くが その設計を怠った当事者が
選手を断じるというにはどういうことだ?

*************************************

スポーツマンシップというのは決められたルールの中で最善を尽くすことだと思う。
単一の試合を負けた方が トーナメント競技ではより優勝の可能性が高い。と判断できる
ルールを作成した主催者側に大きな責があると思うのだが・・

 

江川卓

2011年11月14日

映画の話は置いといて

江川さん・・・あまりにも可哀想だと思いませんか?

今回のコーチ就任のトラブルを聞いて
1978年の空白の一日事件で完全なヒールにされてしまったのも
すべてジャイアンツのルール違反であり
江川さんがその犠牲者だと思うのだが・・・

 

実は江川卓が高校生の時 生の江川 生江川を見たのです。

 

ココからの記憶は非常に曖昧なのですが
確か江川が高校3年生の時 私が小学校6年生で 地元の千葉で若潮国体(千葉国体)が
開催された時の高校野球の会場で見た記憶と一致すると思うのですが・・・

何しろ江川のあまりの大きさに身体がフリーズした記憶があります。

背中も大きいが、何しろお尻が巨大、お尻というか越し回りが異常にでかいんです。

私が生のスポーツ選手をみてビックリしたのは
江川・・・・ケツデカっ!
長州力・・・以外に背が低いなぁ・・・

 

江川は私の青春時代に記憶を残した人なので・・・続く

 

琴奨菊

2011年09月29日

琴奨菊関・・・大関昇進おめでとうございます。

皆さんは琴奨菊がどこの部屋のお相撲さんなのか知ってましたか?

お相撲さんは部屋によって名前に特徴があります。

名前に「琴」がつくのは 佐渡ヶ嶽部屋の力士です。
佐渡ヶ嶽部屋は私たちの住む千葉県の松戸にあります。

佐渡ヶ嶽部屋にはもう一人 琴欧州という大関がいますから
松戸には2人の大関が住んでいることになりますね。

**********************************

やはり新大関が誕生するというのは 世の中が少し明るくなって良いことです。
特に久しぶりの日本人大関、期待も高まります。

何回もこのブログで書いたように 私は大相撲が結構好きです。
(といってもBSで毎日取り組みを見るほどではないけど)

琴奨菊関は福岡出身です。地元では大層盛り上がっていることでしょう。

今私がひそかに応援しているのは・・・
玉ノ井部屋です。

玉ノ井部屋の現在の親方は 元大関の栃東です。
彼は若乃花、貴乃花と同じ明大中野中学の相撲部出身です。
ですから現在の親方は東京出身なのですが
先代の親方 初代の栃東(実の父親)は 福島県相馬市出身のお相撲さんだったのです。

お相撲というのは TVで放映される 本場所しか目にする機会がありませんが
その他にも地方巡業というものがあります。
本場所は年に6回、東京で3回、名古屋、と大阪と九州で一回行われます。

しかしそれ以外の大相撲ファンのために全国に興行に出かけます。
これが巡業です。
巡業というのは稽古と興行を兼ねているものです。

この巡業で一番スポットライトを浴びるのは
ご当地力士です。その地方出身の力士は
郷土のヒーローですの 優遇をされます・

それだけ故郷と力士の繋がりと愛着は深い物があります。

現在大きな被害を受けている被災地に巡業を行う。

今年の夏巡業は八百長問題があり、初めからほとんど中止が決定していました。

ただ来年、どうにかして 福島の相馬、会津そして三陸沿岸にかけて
大規模な夏巡業を敢行してほしいと思います。

やぐら太鼓が響き
町に大きなお相撲さんとびんつけ油の匂いが漂い。

相撲甚句、しょッきり、ちゃんこ、そしてちびっ子相撲・・・
横綱の土俵入り

何よりも力を与えるイベントだと思います。

今回のブログは完全に自分の趣味に走ってしまいましたが
国技である大相撲になんとかガンバって欲しい願いは
強い私です。

1 2 3 4 5 6