小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ    体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

勉強のコツ

2019年01月30日

成績が上がる生徒さんとそうでない生徒さんの違いは何でしょうか?もちろん色々ありますが、その内の一例を紹介します。

「頭が良くなりたい。」「○●君は頭が良い。」

このセリフを言う人は成績が上がらないタイプです。成績の上げ方、勉強方法の勘所を理解していない人に多い特徴的な言葉です。

成績が向上しない人に多いのが 「塾に来れば頭が良くなる。」「勉強をすると頭が良くなる。」と考えることです。

確かにテストの成績が良い人の中には「頭が良い」人もいるかもしれません。「記憶力が良い」とか「空間把握能力が高い」とかといった幼児期に育まれた脳の構造に由来する能力差があることは事実です。

ただ、テストの成績が良い人は、何も知らない事を、元来持っている能力で解答用紙にひねり出しているのではないのです。 解答が正解なのはただ単に知識を知っているだけ、またはその利用の仕方のパターンを把握しているだけなのです。

間違えやすいのが次ぎのような思考です。

勉強する。→脳が鍛えられる。→頭が良くなる。→テスト問題に対処できる。

スポーツの筋肉トレーニングとは違うのです。 筋肉を鍛えればジャンプ力や短距離は早くなり、心肺機能を高めればスタミナがつく。というような図式はほとんど当てはまりません。

ここを勘違いしている人が多いのです。

運動をすれば筋力は増大しますが、勉強をしても無駄な勉強をいくらしてもそれはただの時間の無駄なのです。それではどのような勉強が無駄で、どのような勉強をすれば成果が上がるのか?一例をお話しします。
入試の過去問題でも 問題集でもいいです。問題を解いたとします。

① 問題を解く。

② ○×を付けて、採点をする。

ここまでで勉強が終わってしまうと100時間やっても無駄でしかありません。
ただの運動です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 間違えた問題をピックアップする。

④ 足りない知識を洗い出す。 知識の利用方法、パターンを知識化する。

⑤ 知識と解答パターンを覚える。

⑥ 数週間から数ヵ月後に再度同種の問題を行う。

⑦ 出来たらOK.間違えたら④に戻る。

③から⑦までが勉強です。力になる勉強をしている人はこの部分をしっかりやっています。
いくら勉強しても成績が伸びない人は①と②に多くの時間をかけます。

確かに 元々の能力が非常に高い生徒さんもいます。頭が良いという人もいます。しかし、勉強の大鉄則は

頭が良くなろうと思ってはいけない。ということです。きっと頭が良くなれば全てのことが(数学も英語も国語も理科も社会も)すらすら出来るようになる、楽になる。と勘違いしてはいけないのです。

出来ないことを1つ1つ出来るようにしていくこと。知識を1つ1つ覚えていくこと。
解答のパターンを1つ1つ暗記していくこと。

その先にしか成績の伸びは存在しませんし、応用力も育成できません。
意識的③~⑦に力を入れてください。 
ちなみに塾では④と⑥を効果的に指導しようと心がけています。
  フラップ指導会  代表 飯塚 晃

定期試験対策 講座始めます!(ABC中)

2015年09月17日

定期試験対策 [半角スペース]講座

ABC中の定期試験対策 [半角スペース]講座のお知らせです。

 

日程

●月●日(●) 00:00~ ●●●●教室

 

持ち物

・筆記用具

・ノート

・テスト対策プリント

 

ここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入ります。

 

ここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入ります

ここにテキストが入りますここにテキストが入ります[半角スペース] 定期試験対策 [半角スペース]ここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入ります。

 

国語力、表現力というもの 3

2015年06月17日

具体的にどのように表現力、作文の能力を高めていけばよいのかという方法論に入ります。

 

イメージは前回も記した ピアノのバイエルとかと同じように教則本、教本、指導を守れば一定の表現力を

身に着かせることができるといったものです。

 

まず最悪のパターンを紹介します。

 

それは夏休みの宿題の定番 「読書感想文」です。

 

 

題材(書籍名)・・・・・自由(まれに数点の課題図書から)

内容・・・自由

段落など・・・自由

文字数・・。1600字以内が多い

 

書き方の指導をされた記憶ありますか?

いきなり楽器を手渡されて 演奏の仕方も指導されないで 「自由に演奏してみろ!」と同じです。
読書感想文が嫌いな子供が多いのも 当たり前すぎるん話なんですよね。

 

 

感動したことを書きましょう!     はぁ?なにそれ?ってなもんです。

 

そう言われたら 素直な(別名 勉強してない)子どもは すべての文面を自分の言葉で
埋めようと考えますよ。    誰がどう考えてもそれは無理ですよね?
1600字も感情を紡ぐ言葉が出てくるはずがないです。

 

書き方を教えてあげないといけないです。

 

もちろん読書感想文の書き方は自由ですから無数にパターンがあるのですが
その代表的なパターンを提示(例示)してあげることが第一です。
といっても

中学生でも作文に慣れていない生徒には難しいものがあります。

 

夏休みに切羽詰まった場合は別ですが

着実に実力をつけるには  200字作文(原稿用紙の半分)から始めた方がいいです。

 

最初の段階の問題は次のようなものです。

 

例)あなたの今年の目標を書きましょう。 ただし次の条件に次の条件に合うように書くこと。

①180字以上200字以内

② 3段落構成で書くこと

③ 昨年の反省を活かした目標を立てること。

④ 目標を達成させるための具体的な行動を書くこと。

 

わかりますよね。 設計図(骨組み)は提示してあげています。

 

多くの子供は

① 私の今年の目標

②昨年の反省

③具体的な取り組み  の順序で書きます。

 

思考方法の筋は出来上がります。

後は修飾語句などの問題になります。

 

この題材を10分(中学生レベル)の制限で書かせます。

 

翌週は次のような題材です。

 

例)あなたの今年の目標を書きましょう。 ただし次の条件に次の条件に合うように書くこと。

①180字以上200字以内

② 2段落構成で書くこと

③ その目標が自分の将来にどのように役立つのかを書くこと。

 

今度は切り口、視点が変わってきますね。

①今年の目標 達成⇒ 将来の自分のイメージをいう思考経路が出来上がります。

 

これも10分で書きます。

 

採点のポイントはレベルによって異なりますが初級者は

①文字数完遂 で10点中5点

②段落の指示を守る 3点

③誤字脱字、文のつながり2点 とかなり甘く採点します。

 

この際内容とか 日本語のレベルには目をつぶります。

 

制限時間内に 与えられた条件に合致した文章を提示する。という絶対条件だけが大切なのでということを

叩きこませんるのです。 それができないと子どもたちは1時間かかっても作文を完成できない。という子がわんさか

出てきます。

 

もちろんいろいろな条件でこの訓練を続けます。  2か月10分×8回で変わる子は変化してきます。

   この訓練の内容や続きは 次回

第2回総合学習 「三国志の考察」を行いました

2015年06月03日

第2回総合学習 「三国志の考察」を行いました。

 

5月30日(土)に東葛飾中学受験コースのプログラムの1つの課外授業として、まばし教室にて「三国志の考察」を行いました。

テキスト表紙

 

今回は三国志のクライマックスである「赤壁の戦い」の最後に、劉備軍の関羽が私情にかられて、敵の総大将である曹操を見逃してしまう場面について、生徒たちと「関羽の行動は正しかったのか?間違っていたのか?」を考えていきました。

 

生徒たちには課題図書として、事前に三国志(吉川英治著)の「赤壁の戦い」を読んできてもらいました。昭和初期の作品であり、かつ歴史小説ということもあり、普段聞きなれない言葉が多く、生徒たちも事前学習に苦戦をした様子でしたが、いろいろな方法で、良く調べる事ができていました。

 

本日は3時間の総合学習でしたが、1時間ごとにテーマを決めて学習を進めていきました。

 

1時限目のテーマは「知る」です。

事前に調べて来た事の確認も含め、「三国志の世界」を「時代」「地形」「人間関係」の3つを中心に知ってもらいました。

 

地図を見る

地図を見る

 

みんなで地図を見ながら、地政学の観点から「時代」「地形」「人間関係」を、歴史を追って学習していきました。

 

2時限目のテーマは「考える」です。

1時限目で知った内容を踏まえ、今回の総合学習のテーマである「関羽の判断」についての是非をみんなに考えてもらいました。

 

IMG_1219

 

過去に起こった「関羽」と「曹操」の関係や、その後、「関羽」が「曹操」を見逃してしまったことによって起きてしまった事などをもとに、「義」や「法」、「平和」などについて考えていきました。

 

3時限目のテーマは「書く」です。

実際の入試では、①自分で文脈を読み取って、②頭の中で考えて、③解答用紙にまとめた事を書かなければなりません。そこで、どうすれば、今日、学んで考えた事を自分の意見としてまとめる事ができるのか?をみなの考えたものをもとに学習していきました。

考えて書いています。

 

今日の総合学習を受ける前と、受けた後で、意見が変わった生徒もいた様です。それを、どのように書けば、説得力を持たせて書く事ができるのか、今日使った資料を見たり、新しく気になった事をスマーフォンで調べたりしながら、レポートの骨格を作っていきました。

 

最初は今までの課外授業と違って「難しそう」というイメージを持っていた様子でしたが、今回の総合学習を通して、歴史に興味を持ってくれた生徒もおり、最後にはみな一様に「楽しかった」と言っていました。

 

また、「義」について深く考えるいい機会だったという感想もありました。今まで、触れたことの無い、いろいろな視点から考えるという意味で、とても充実した時間になったのではないかと思いました。

FLAP自慢の補講制度 『月曜補講』のご紹介

2015年02月22日

~3月2日より新年度授業スタート~

 

新年度新規入会生募集中!

 

 

朝起きるたびにまだ花粉症の症状が出ていないことを確認し、ほっとしている教室長河内ですm(_ _)m

今回のブログでは、FLAP自慢の充実の無料補講の1つ、「月曜補講」についてご紹介させて頂きます!

 

 

★月曜補講とは???

→正規の授業を火曜日から土曜日に行い、月曜には完全補講の日として教室を開放しています。

生徒たちは教室にある『月曜補講参加予約表』に来る時間帯と学習内容を記載します。

欠席分のフォローはもちろん、弱点補強や、受講科目以外の学習など、様々なことにご利用頂けます。

 

★具体的にどんなことができるの?

・欠席してしまった授業のフォロー

・授業や、授業後補講だけでは理解しきれなかった内容の補強

・クラス授業では受講していない理科や社会の学習

・各種検定対策

・学校の宿題で分からなかった内容の質問

など、多岐に渡ります。

家庭科や音楽の指導はちょっと難しいですが(笑)5教科であれば全て対応可能です。

 

フラップ指導会では上記の月曜補講以外にも直前補講や、学校ワーク学習会など、

様々な無料補講をご用意しております。

 

ただいま南柏教室では、3月より始まる新年度に向け、新規入会生を募集しております。

それに伴い無料体験授業や、個別説明会のご予約も承っておりますので、

塾をお探しの皆さん、授業はもちろん無料補講も充実しているFLAPをぜひお試しください!

 

お問合せ、お申込みは直接のご来訪または、お電話(04-7170-2001)までお願い致します。

 

 

**————————-**
ただいま南柏教室では、一緒にお勉強を頑張りたい
生徒さんを募集しております。
塾をお考えでしたら、ぜひ一度ご相談下さい。
【お問合せ方法】
①直接のご来訪
②お電話(04-7170-2001)
教室の前に当指導会のパンフレットも設置しております。
また、無料体験授業のご予約も承っておりますので、
お気軽にお問合せください。
〒277-0855
柏市南柏1-6-12穂高第20ブラザーズビル1F
TEL04-7170-2001
【対象学校】
流山東部中学校,中原中学校,豊四季中学校,光ヶ丘中学校
向小金小学校,豊小学校,柏第二小学校,光ヶ丘小学校
**————————-**

 

 

教室ブログトップへ戻る

1 2 3 4 5 132