小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ 体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

塾に来ても頭はよくならない!

2019年4月24日

 

子ども達が時々このようなことをつぶやきます。

「頭が良くなりたい。」

「○○くんは頭がいいんだよね。」

「塾に来て頭が良くなりたい。」

私は塾に来て頭が良くなるかどうかはわからないといいます。

「頭が良くなるってどういうことなの?」 子ども達に聞いてみます。

「頭がいいって 勉強ができる。ってことでしょ?」 

 

多くの人は勘違いをしている場合が多いようです。
特に勉強が不得意な子どもは 成績が良い生徒さんを 「頭が良い」と思っている場合が多いです。

私は 「ちょっと違うのに。」 そういつも感じています。

正確に言うと 順序と考え方が違うのです。

テストの成績が良いのは 頭が良いからでは無い場合が多いです。
知識量やそれを使った思考方法を身につけているのです。

勘違いをしている生徒さんがいます。
頭が良くなると 自然と勉強もできるようになる。・・・・そんなことは無いですよね。

成績が良い人はほとんどの場合(一部の天才はわかりませんが) 
地道に知識を脳内に取り入れて、その使い方の例も繰り返しているだけです。
極端に言えば知識量の違いです。

ただ知識を入れる→思考する→今までの知識を元に新しい知識を入れる→思考する

このサイクルを繰り返していると「頭が良くなります」

いや乱暴な言い方をすると 勉強をしても頭は良くならないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話しは少し変わりますが、千葉テレビで ロッテマリーンズの選手による野球教室のような番組があります。
マリーンズ戦の時にいろいろな選手が 練習方法や技術を指導してくれています。
その内容ですが どれも 非常に基礎的な内容です。そしてとても合理的な内容なのです。

例えば一塁への走り方にしても どこでスピードを上げるのか、 ベースにはどちらの足で走りこむのか?
そのような基礎の基礎を身にしみ込ませているのがわかります。

プロ野球選手の練習は非常に地味だと聞きます。
ホームランをガンガン打つ練習をイメージしがちですが
一番重点を入れているのは 素振りそれもゆっくりとした素振りやティー打撃。

投手では誰も魔球の練習はしません。
地道なランニングとシャドウピッチングが多いそうです。

彼らプロ選手は小学生の時から何万回以上もバットを振り続けていると思います。
それでも毎日 イメージをしながら自分のフォームを作っているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭を良くしよう!と思って勉強をするのは傲慢なことです。
目の前の事項を知識を 考え方を覚えたり、理解したりすることだけを地道に繰り返すことが一番大切なことだと思います。    フラップ指導会 代表 飯塚晃