小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ    体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

小金原教室

ジェネレーションギャップ

2010年11月8日

こんにちは、小金原教室の小野寺です。

 生徒たちと話していて、驚いたこと。

 

「いまどきの中高生は、CDを買わない」

 

ヒットチャートをにぎわすような音楽を聴くことは、私が中高生の時代から

変わっていません。

(ちなみに、私が中高生の時は槇原敬之さんが大好きでした。

あとは、ビジュアル系。X、GLAY、ラルク、ルナシー、マリスミゼルなど。

それと、JUDY AND MARY。)

 

今でも、私は巷で流行っているような音楽を聴くことがあります。

具体的には、パフュームなどですが。

その際、やはり私はCDをまず買います。

タワーレコードに行ったり、アマゾンで「ポチッとな」とやったり。

 

ところが、今の子供たちには、「音楽はダウンロードするもの」です。

パソコンや携帯にダウンロードして、聴いているようです。

 

前にある生徒にあるCDを貸したら、「CDとか久しぶりに見た」と言われました。

 

時代の移り変わりは早いですね。

私は、CDジャケットや歌詞の書いてあるブックレット、それらも含めて

歌い手さんの一つのアートワークだと思っているので、今後もCDは

買い続けると思います。

 

なんてことを、買ったばかりの「いきものがかり」のベスト盤を聴きながら

思いました。

(残念、「ホタルノヒカリ」が収録されてない!)