小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ    体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

流山中央教室

3月30日(火)【今日のつぶやき】

2010年3月30日

3月28日(日)

船橋高等学校 合唱部の

第31回 定期演奏会に

行ってきました。

 

 

なぜか?

 

 

→母校だから・・・  ブー

→塾生がいるから・・・ ブー

→親戚がいるから・・・ ブー

→単に興味があるから・・・ ▲ もちろんそれもありますが・・・

 

 

とにかく

私と船橋高等学校 合唱部には

何の縁もゆかりもありません。

ただ、一点、

高校時代の恩師がいる

ということを除いては。

 

 

 

私が恩師 Y先生に出会ったのは

某高校の合唱部でした。

 

このY先生

とにかく、厳しい。

 

運動部のように

怒鳴られ、カツを入れられる

というワケじゃないのです。

 

 

礼儀

あいさつ

感謝の心

目上の人への敬意

5分前行動

時間厳守

などなど

 

人が社会で

生きていく上で

必要不可欠なことに

対して

徹底的に

厳しいのです。

 

 

 

上記事項が

できていない時 

どんな場面でも

どんな状況でも

毅然として

お叱りを受けました。

 

 

そして

Y先生が好きな言葉が

「継続は力なり」

 

 

いったい、Y先生の口から

何万回聞いたことでしょう。

 

耳にオクトパスができています。

 

でも、そんな厳しい方

だからこそ

褒められた時は

嬉しいものです。

 

 

高校3年生の

夏のコンクール直前、

音研に呼ばれ

Y先生にこう言われました。

 

「あなたは、千葉県で一番上手いテナーよ」

 

私がどれほど

嬉しかったか、想像がつくでしょうか。

バイトして

初めてのお給料を手にして

サイゼリヤで

ミラノ風ドリアを

好きなだけ食べる時以上に

嬉しかった。

 

 

私が自信満々で

コンクールに挑めたのは

言うまでもありません

 

 

後にわかりますが、

本当は自分よりも

上手なテナーなんて

この世には腐るほどいるのです。

 

でも、

Y先生から

認められたということが

そう、それにこそ

価値があったのです。

 

 

 

そんな、こんなで 

高校を卒業して

(10x+y)年、経ちますが

今も、Y先生とは交流があります。

 

 

年賀状をやり取りする程度ではありません。

 

Y先生の学校の合唱部の演奏会や

先生自身のピアノの発表会や

反対に

神津の合唱の演奏会やコンクールなど

大学時代には

学園祭にまで来て頂けました。

 

本当にお世話になっています。

ありがとうございます。

 

Y先生は、音楽を通して

いろいろなことを教えてくれました。

 

私は、勉強を通して

生徒たちに

Y先生が教えてくれたことを

伝えていきたい。

 

 

「Y先生のようになりたい」なんて

おこがましいことは

言えません。

 

せめて、1cmでも

近づけるように

今日も生徒たちを

指導していこうと思います。

 

おしまい。