小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ    体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

未分類

新年度が始まって【小学生 国語編】

2010年3月7日

新年度が3月1日(月)から開始になりました。

 

新しい生徒、前学年からの持ち上がりなど色々な生徒がいます。

 

1週間やって気になった生徒の様子のお話しを・・・

 

 

【小学生 国語】

新年度から国語を追加したT君。

 

国語が非常に苦手です。

 

そんなT君、 

 

先週は国語1発目の授業です。

 

まずはどんな様子なのか確認するため、

 

問題をやらせようとした所、

 

発言一発目が

 

 

 

「先生、文章読まなきゃダメですか?」

 

 

 

 

 

 

 

「・・・」

 

 

 

 

「おまえさんはエスパーかい?

 

 

 

 魔美さんの方かい?伊東さんの方かい?

               どっちなんだい?」

 

 

 

 

 

「読まないと書いてあること分からなくないかい?」

 

 

 

 

 

「えぇ、でも学校のテストは

 

   文章あんまり読まなくても点数取れるし・・・」

 

 

 

 

 

このT君の行動は、最近の子供に実は多いです。

 

 

学校で何回も読んでいる文章だから読まなくても頭の中に

 

大体の内容は入っている。

 

⇒ テストでは棒線部前後の所だけ読んでやる 

 

⇒ 無事80点以上取れる

 

 

 

この生徒の気持ちは非常に良く分かります。

 

ですが、初見の文章では内容一致の問題などに

 

手が出ないようになってしまいます。

 

 

 

 

では、どうしたか。

 

簡単です。

 

文章に付属している問題ではなく、

 

口頭での受け答え。

 

「登場人物は?誰が出てた?」

 

 

「情景は?何処で、いつ頃のお話し?」

 

 

「どういう場面?何しようとしてた?何考えてた?

 

 

「どういう心情だった?」

 

 

「それ↑は何でだったんだろう?」

 

 

など、問題全体をしっかりと読まないと答えられない様なことを

 

文章毎に何度も聞いて行く。

 

そうすると文章を読む時間も次第に長くなってきて、

 

こちらの質問にも、文章に付属している設問にもすらすらと答えられていく。

 

 

非常に単純なことではありますが、とっても大事なこと。

 

文章を一度、丁寧に読む事。

 

当たり前すぎることではありますが、

 

意外とできていない子供、多いですよ。

 

 

 

 

 

 

帰り際・・・

 

「先生、ところで魔美ってだれ?」

 

「先生の彼女?」

 

 

 

 

 

 

「不二雄さん所のお嬢さんで・・・」

 

「確か70年代に中学生だったから・・・

 

 君らのお母さん、お父さんよりも年上かな?」

 

 

 

「へぇ、どんな人なの?」

 

 

 

 

 

 

「いいかい、みんなには内緒だよ・・・」

 

 

 

「魔美さんは、実はね・・・

 

 

 超能力が使えるんだよ!!!」

 

 

 

 

「・・・」

 

 

「・・・」

 

 

 

 

 

「・・・先生、さようならぁ」

 

 

 

 

「お、おう、気をつけて帰れよ・・・」

 

 

 

あたりには静けさが漂っていたとかいないとか・・・。