小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ 体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

流山中央教室

感謝!

2010年3月19日

神津 「お電話ありがとうございます。フラップ指導会神津でこざいます」

謎の人 「(笑い声)キャハハハハ」

神津 「(どこかで聞き覚えのある声だな)・・・」

謎の人 「誰だかわかりますか???」

神津 「(若干の間あり)・・・あ?!! Sさん??」

Sさん 「ちょっと、代わりま?す」

謎の人2 「もしもし」

神津 「(ん?? 聞きなれない声)・・・」

謎の人2 「あれ、忘れちゃいました?少しの期間しかいなかったからなあ」

神津 「あ!! Tさん!!」

Tさん 「今から、流山中央教室行ってもいいですか」

神津 「おお!いいぜ!待ってるせ?」

 

という、突然の電話で始まった

北小金教室担当時の卒塾生の来訪があった。

 

SさんもTさんも

自分が、教室長1年目の時の中3生。

初めての受験。

そりゃ、思い入れも強い。

そんな2人を第1志望校に合格させて

早いもんで、3年の月日が経つ。

 

Sさんは動物の勉強しにT大へ

Tさんは教育を勉強しにK大へ

進学されるとのこと。

 

いよいよ、大学生かあ・・・

そりゃ、自分も歳をとるわけだ。

 

さすがは、大学生になるだけはある。

「モロゾフのちょこれいと」(←結構、高そう)

なんぞを、超高級デパート・高島屋で購入し

差し入れしてくれた。

随分、気が利くようになったじゃねえかぁ。

 

 

あ?だ、こ?だと色々な話をした。

そんな中、話しが、自身の休職している時の話しになった。

 

2人とも、相当心配してくれたみたい。

突然、消えてしまいましたからね。

 

生徒に話すのは、彼女らが初めてだったのだが、

休職前後の闘病生活を生々しく話した。

ここでは、詳細を割愛するが

一言でいうと

「死を感じてきた」かな。

 

さすがに、明るい2人も

どんよりとなってしまった。

少し、強烈すぎたかしら。

 

でも、まあ、

わかってほしいのは

フラップ指導会 生徒に送る

7つの言葉 にもあるこの1節

「障害や失敗に挫けてはいけない。

悩みや苦しさから逃げてはいけない。

それらは君にとって最良の先生なのです」

ということかな。

 

私は、「病気」という先生に出会い

そこから、本当にさまざまなことを学ばせてもらった。

それも、人生観が変わるほどのを。

 

きっと、2人の今後の人生にも

試練が待ち受けていることでしょう。

特にこの10年位は

大学進学・就職?・結婚?出産?などなど

人生の節目になるような

イベントが待っているからね。

きっと、今までにない

障害や失敗や悩みや苦しさが

あるでしょう。

 

最初は、逃げ出すかもしれない

それでもいいと思う。

けれど、やはりいつか

自分自身と面と向かって

乗り越える時が来る。

 

そんな時なんだよ、

人間の根が深くなるのは。

(↑これは、かの有名な、相田みつを氏の言葉の一節)

 

だから、まあ、

頑張って、やってくれや。

今度は勉強ではなくて

人生について

私に学びに来なさい

(10X+Y)年、生きてきた

人生観を伝えるよ。

 

長くなりましたが、

Sさん、Tさん、

高校卒業おめでとうございます。

そして少し早いけれど

大学入学おめでとうございます。

くれぐれも

お体、ご自愛下さい。

素敵な大学生活を送られることを

お祈り申し上げております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、五月生まれこと

コーヅです。

どうでしたか。

たまには、真面目に書いてみました。

だって、Sさんが

「ブログに書いてよ!」

っていうから、ついつい。

まあ、それほど、来てくれたことが嬉しかったのだよ。

ありがとね。

感謝。