小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ 体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

未分類

期末定期テスト対策実施中

2009年11月7日

こんにちは

 

題名を見て

 

「おや?」

 

と思った方、鋭いですね。

 

 

 

期「末定」期テスト対策なんですよ。

 

最近の授業はある意味

 

末定対策の授業なんですよ。

 

 

 

図形の説明をしている時です。 

 

いいかい、ちなみにね向かい合う角の事を対角って言うんだよ。

 

 

だからそれを結んだ線を対角線と言うんだよ。

 

 

んじゃ、向かい合う辺は?

 

 

 

 

 

対辺!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう対辺。よくわかったねぇ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもこれを間違うようじゃ、大変だよ!

 

 

 

 

クルッ(←ホワイトボードに説明を書くために生徒に背を向ける)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チラッ((肩越しに生徒の様子を見る)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くだんねぇ・・・

 

 

「!!」

 

5秒間も教室内の時間をとめる(氷つかせる)事に成功しました!!

 

毎年このネタ(?)を披露(生徒から見ると疲労の原因?)

 

してますが、徐々に時を止める長さが増えています。

 

 

5秒・・・

 

 

 

ついに承○郎に並びました

 

 

自分もこのままいくとスタ○ド使いになれる日も近いでしょう・・・。 

 

 

目指すは9秒

 

Di○様に到達できるのも時間の問題ですね。

 (↑一応伏字です)

 

(元ネタが分からない人は、

  お父さん、お母さんに聞いてみよう!!)

 

 

 

 

という事で2年生の数学は

 

一次関数?三角形の証明

 

くらいまでの学校が多いようです。

 

類似問題を徹底して解き、

 

段階的に問題のレベルを上げていきます。

 

全員が同じ問題を同じように解くのではなく、

 

 

 

目標点が90点台の生徒もいれば

 

 

 

数学が苦手で

 

60点を取れれば最高!!

 

という生徒もいます。 

 

 

そういった生徒一人一人の目標に向けての学習指導を

 

行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【独り言】

 

先日お菓子を買いに行きました。

 

ハロウィン用のであったり、

 

短歌の大会の景品であったりと

 

よく使うお店です。

 

 

と言っても、

 

駄菓子屋さんではなく

 

レンタルCD・マンガ屋の一角を

 

駄菓子売りに使っていると言う程度です。

 

そんな専門店ではありません。

 

 

 

なので、駄菓子を大量に買うと

 

レジ処理に10分近くもかかってしまう事もしばしば・・・。

 

 

一生懸命バーコードに機械をあてても

 

うんともすんとも言わない状況。

 

しまいにはバーコードの数字を

 

手打ちでレジに入力する始末です。

 

 なんか見ていて

 

ものすごく迷惑な事をしているのでは・・・

 

と後ろめたい気持ちになり、

 

ある時

 

 

「すいません、メンドクサイ買い方して」

 

 

と言うと

 

レジの定員さん(名札には店長の文字が)が

 

 

「いえいえ、とんでありません。

 よくお菓子買いにきてくれますよね?」

 

 

 

 

「はい、このお店24時間やっているので

           とっても助かっています」

 

 

 

 

「喜んでもらえて何よりです。

          お子さん用ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ん・・・?」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お子・・・」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ、はい、お子、お子さん用ですよ。はい。」

 (↑かなりの挙動不審な返事でした。)

  

 

 

 

 

 

 

 

「うちもねぇ、同じものを買っていってあげないと

 すぐに(兄弟)喧嘩しちゃって・・・。大変ですよねぇ」

 

 

 

 

 

 

 

「そ、そ、そうですよねぇ。

 その気持ちよくわかりますよ」

(↑ここら辺から頭の中に浮かぶのは

 生徒がお菓子を取り合っている様子のみです。

                  特に中3の顔が・・・)

 

 

 

 

 

そうしたシドロモドロの会話をした後に心に決めた事・・・

 

 

 

嘘はつかない!!

 

見栄を張らない!!

(今までも塾で嘘はついた事無いけど)

これを教訓に生きていきます。