小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ    体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

まばし教室

体調管理について

2009年8月8日

はい、soyjoyとカロリーメイトがお友達の篠崎です。

 

 

こんな私が言うのもなんですが、今回は『体調管理』について

 

受験生のみんなはだいぶ疲れが溜まってきたころですね。

 

みんなの疲れ顔は先生みんな気づいてはいるけど、あえて気づかないフリをして厳しい言葉をかけています。

 

でもね、やっぱり受験って"体力勝負"のところが大きいです。

 

スポーツと同じでダッシュ"するべき"ときにダッシュできないと、もしくはワンテンポ遅れてしまうとチャンスを逃してしまいます。

 

そのためにはコンディション管理は欠かせません。

 

ありきたりなアドバイスですが気に留めておいてください。

 

1.食事はきちんととろう!

 何と言っても体力の根源は食事にあります。食べなすぎてもダメですし、食べすぎてもいけません。やはり胃に力がはいらないと出遅れてしまいます。

 私もこの時期は刺激物・生ものは口にしません。また小まめに炭水化物・糖分を摂取するようにしています。糖分が不足すると頭の回転のスピードで気づきます。また腹いっぱいに食べると胃に血液が集中しすぎて、脳まで血が回らないのがわかります。

 運動系の部活をやっていたときよりも、食べる量は増えても大丈夫だと思います。体のなまりを気にする人はお菓子による脂肪分だけ気にすればあとは大丈夫ですよ。

 

2.体は適度に動かそう!

 頭と身体は両輪のバランスです。どっちかを急に止めてしまうとバランスを崩しますよね。運動系の部活だった生徒は限られた時間の中で適度に身体を動かしましょう。ちなみに私は受験期は必ず夜に2km程度のジョギングをしてストレス解消してました。 

 

3.睡眠は効果的に使おう!

 睡眠時間に関しては個々に差がありますので特に「こうしろっ!」というのはありませんが、ただ「長時間寝た」からといって疲れが取れるものでもないですね。もちろん「この日はOFF!」という日を作って思う存分寝ることも大事ですが・・・

 ここでお話したいのは睡眠も重要な勉強の要素だという意識を持つことです。特に暗記物の勉強は寝る直前までがんばって、あとはスコンッっと寝るのをお勧めします。脳は寝てる時に記憶を刻み付けます。寝る直前に覚えて、いざチェックテストの時に思い出すのが効果的のようです。

 

 

さてさて夏はまだまだ続きますが、ガス欠にならないようにがんばっていきまっしょい♪