小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ 体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

小金原教室

ウェルシュ・コーギー

2009年7月5日

こんにちは、小金原教室の小野寺です。

みなさんは、「ウェルシュ・コーギー」という言葉を聞いて、すぐにピンときますか?

 小金原教室で、私の授業を一語一句漏らさず聞いている子たちなら、知っているはず。

そう、私が一番大好きな犬種です。

(ちなみに一番好きな猫は、アメリカンショートヘアーのシルバー。これも

知ってるよね?)

私は数年以内に、絶対この犬を飼います!それが今の私の夢です。

 

とまあ、私の夢は置いといて(「アラサーなんだから犬の前に奥さんでしょ!」と

生徒に言われたのも置いといて)。

正式名称「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」。

イギリスのウェールズ、ペンブロークシャー州原産と言われているため、

この名前です。

また、イギリス王室で伝統的に飼われており、英国民からは最も愛される犬種と

言われています。

 

さて、このコーギーくん、一見してわかる大きな特徴が二つあります。

?胴長短足 …かわいい!(ほらそこ、「先生、自分に似てるから好きなんでしょ」

とか言わない!)

?シッポが無い …お尻フリフリの後ろ姿がかわいい!(今思い出しながら

書いているだけで目尻が下がって自然と笑みが…)

?の特徴は例えばミニチュアダックスフントにも言えることで、やはり最大の特徴は?でしょう。

 

しかし、コーギーくん、もともとシッポが無いわけではないのです。

なんと、生後すぐに「断尾」をしてしまうのです。

麻酔もかけずに、生まれたばかりの子のシッポをチョキン!とやってしまうのです。

(生後すぐに麻酔をかけるのは逆に危ないから)

 

もともとコーギーはイギリスの牧場で、「牛追い犬」(放牧している牛を一か所に

集める)として飼われていました。

牛を追うのに長い尻尾は邪魔だから断尾の風習が始まったと言われています。

(狩りの際に姿の似ているキツネと間違えないために、という説もあります)

 

牛追いは、ペットとして飼う以上当然やらないわけで、正直言って現在は「断尾」は必要無い、とも言えます。

でも、「習慣だから」「みんなやっているから」「シッポが無い後ろ姿が

かわいいの!」「そもそも、ペットショップで見た時にすでに断尾されていた」

などの理由で、現在も日本国内で見かけるほとんどのコーギーに

シッポはありません。(私も過去にシッポありコーギーは、片手で数えるくらい

しか見たことがありません)

 

さて、今日の本題。

このコーギーの断尾の風習、あなたは賛成ですか、それとも反対ですか?

どちらの立場に立つか明確に、理由を添えて、原稿用紙一枚程度に書きなさい。

(どちらの立場に立つかによって採点に影響はありません)

 

 これが、私から皆さんへの夏休みの宿題です。

このブログを見た人は誰でも、私の元へ届けていただければ採点させていただきます。

 

学生時代国語、小論文の偏差値70だった私が断言します。 

この作文が上手く書ければ、中学受験、高校入試の作文は何ら問題無し!