小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ    体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

小金原教室

ありがとう

2009年3月18日

こんにちは、小金原教室小野寺です。

前回のブログで、冗談交じりに「逆チョコのお返しは?」なんてあおりましたが、正直ほとんど 期待していませんでした。

でも、キター!!

しかも中3の卒業生でした。

あげたときに、「ホワイトデーに返す」って言っていたのは覚えていたけれど、

ホントに持って来て くれました。有言実行。偉い偉い。

Sさん、ありがとう。高校に行ってからもその素直な性格を活かして頑張ってね。

たまには塾に遊びに来てね!

 

さて、話は変わりますが、私は子供の時、おとなしい子供でした。

かなりの人見知りで、 自分の気持ちを伝えるのも上手くありませんでした。

大人から見たら、「かわいくない子供」 だったのではないでしょうか。

大人になった今、それがよくわかります。

 

私はたまに授業や補講で、生徒にお菓子をあげたりします。点数が上がった時や、

自主参加の月曜補講に欠かさず来てくれた時など、生徒が何か頑張った時です。

 

そのときに、「ありがとう」という言葉が自然と言える子、「ありがとう」と

言わなければいけないのは わかっているけれどモジモジしている子、

当たり前のようにもらう子と3パターンいます。

 

ちなみにわたしも2番目のパターンのタイプでした、昔は。なのでその気持ちも

わかります。

 

でも、こういうときに「ありがとう」と言えることはとても大切です。

こういうのは「慣れ」だと思います。何度か意識して言っていると、

自然と出てくるようになります。

 

フラップの生徒も、きちんと「ありがとう」の言える子になって欲しい。

勉強よりも大切なことだと、私は思います。

 

というわけで今度から、「ありがとう」が言えなかった子には、

もうお菓子あげない(・ω・)ノ!!