小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ 体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

未分類

鬼は外、福は内

2009年2月3日

今日は待ちに待った節分です。

講師が公然と生徒に向けて

物を投げても許される日!!

日ごろの鬱憤を晴らすために

いざ出陣!!!!

 

 

 

 

 

 

ではなく、

生徒の合格を祈願して

これから先、

 

「今日くらいは(勉強やらなくても)いいや・・・」

 

と魔が差すことの無い様に

内に潜む鬼(魔)を追い払いましょう!

 

 

 

 

鬼はー外、福はー内

 (いつも授業中は姿勢正せって言ってるでしょ?)

 

 

 

 

鬼はー外、福はー内

 (家で勉強やらないんだから

 自習にはもっと早く来いって言ってるよねぇ・・・)

 

 

 

 

鬼はー外、福はー内

 (いつもいつも単語のテストは

 しっかり暗記して来いって言ってんだろ!)

 

 

 

 

鬼はー外、福はー内

 (いつも人と話すときは

 ちゃんと人の方を見て

 話せって言ってんだろうが(怒))

 

 

 

 

 

 

ハッ!!!

 

いけないわ・・・

 

 

いつの間にか生徒に向かって投げる

豆の運動エネルギーが大きくなってるわ!!!!!

 

 

お詫びとしてみんなに太巻きをプレゼントしました。

 

reP1000721.jpg

↑恵方を向いて黙々と太巻きを食べる絵図

 

 

 

 

 

 

 

【独り言】

先日私はとある商法(?)に騙されました・・・。

 

 

休日のお昼時、洗濯も終わりうとうとしている時に、

突然電話が・・・

 

「あ、Sです。近くにいるんで、これから遊びに行かない?」

 

この声はM教室のS室長ではないですか。

 

「はい、是非行かせて下さい」 

 

その日はヤフーの占いでも絶好調の日

シャワーを浴びて支度をし、

ラッキーカラーを装着し、いざ出発!!!!

きっといい出会いが待っているはず!!!!

 

 

そして準備が整ったところでS室長に折り返し連絡したところ

M教室S副室長から改めて連絡が来るとの事。

 

 

待ちました。

 

 

S副室長から届く連絡を

一生懸命待ちました。

 

そして携帯が鳴ります。

「Sです。こんにちわ。

 えっとですねぇ、これからご飯食べに行くんで

 ナイフとフォークと工具を持ってきてください。

 40分後にそちらつきますので、少しお待ちを。」

 

 

 

 

 

そっかぁ、たこさんウィンナー食べる時に

プラスドライバーを爪楊枝代わりにしてパクッ

 

 

って

 

オォォォイィ!!!!!!!!!!!!!!!

(↑自分で乗り突っ込みしておいてちょっと恥ずかしいです)

 

 

 

 

「は、謀ったな、Sャア!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

いや、まぁ

ある程度予想はしていたんです。

 

今日は三矢小台教室開校の前日で

準備をしているっていう事も知っていたんです。

 

 

でもきっと

午前中に終わってしまって

講師同士の親睦を深めるために誘ってくれた!!!!!!

っていう淡い期待を持ったっていいじゃないですか!!!!!!! 

 

 

 

いや、でも三矢小台の準備が終わった後に

高級な中華料理を食べさせてもらったので

良かったのですが・・・。

 

 

 

その何と言うか・・・

 

 

 

食事に行った顔ぶれが・・・

 

 

何と言うか・・・・

 

 

 

 

完全アウェイ?

 

 

 

 

 

 

ハンドボールで言うところの

 

中東の笛

 

 

みたいな?

 

 

 

 

M教室S副室長カップル

M教室S室長夫妻・・・

そして自分の5名

 

 

 

あれ?端数が出てしまっていますよ? 

これでいいんですか?

 

 

各ペアお互い目で合図して分かり合う

アイコンタクトを駆使して会話をしています。

まさに愛コンタクト 

自分も負けじとアイコンタクトで応戦

 

 

 

 

 

 

ただ、アイコンタクト先は

 

 

 

 

店員さん・・・ 

 

 

 

この食事会・・・ 

なんというか

プレッシャーがかかりまして・・・

 

これはS室長からの無言の圧力ですか?

 

「おまぇ、わかってんだろうなぁ?

     早く・・・(彼女を)作れよ・・・」

 

と言わんばかりのプレッシャーを感じました。

 

 

そのプレッシャーのせいで

帰るときには

 

 

胃・・・、

 

 

胃が・・・

 

 

胃が・・・、

 

 

 胃が

 

 

 

 

破裂するかと思うほどおいしい

中華料理をたくさん頂きました!!!

 

 

おいしぃ料理が出る限り

自分は何処にでも行きますよ!!!!

またのお誘いをお待ちしています!!!!