小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ 体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

南流山教室

心の強さ?

2008年12月9日

今日は、先日、知人の心理療法士さんから聞いた話をまとめてみました。

 

最近は、人間関係の難しさ、受験戦争など、さまざまな社会状況を見るにつけ、わが子が「心の強い子に育ってほしい」と願う親御さんが多いように思われます。

そんな親御さんの願いを代弁して聞きました。

 

高梨:心の強い子に育てるためには、何が大切なの?

 

知人:

まず、「心の強さ」とは何かという事だけれども

 

「決めたことは、最後までやり通す」

「何ごとも諦めない」

「友達に悪口を言われても落ち込まない」 

 

このようなことをイメージする人が多いと思うけど、心理学から見ると少し違うんだ。

 

高梨:へー。じゃあ、どういうのを「心の強さ」っていうの?

 

知人:

完璧な人間なんて誰もいない。誰もが、さまざまな感情を持って生きている。時には、嫌になったり、意欲がわかなかったり、悲しかったり、つらかったりするのは当然だよね。

だから、ぼくたちの言う「心が強い」というのは「失敗に負けないこと」なんだ。失敗を自分の成長の機会と前向きにとらえ、立ち上がっていける人が、心の強い人だと思ってる。

人生は、うまくいかなかったとき、失敗したときに、どう行動するかが大切。失敗したときに「自分は駄目な人間だ」と過度に思い過ぎて、自暴自棄になっては意味がない。

 

高梨:じゃあ、失敗に負けない子にするためには、どうかかわればいいの?

 

知人:

それは、小さい時に、たくさん失敗を経験させることだね。最近の子どもは、失敗の経験そのものが少ない。少子化の影響もあるだろうけど、親の過保護が進んで、子どもが失敗しないように、おぜん立てをして、安全な方向へ子どもを導いてしまう傾向がある。

だけど、失敗する経験が少ないと、失敗を乗り越える方法と心構えが身に付かない。そうなると、ちょっとした挫折で、何でも諦めてしまう人間になってしまう。

 

高梨:なるほどね。

 

つづく(次回は、具体的な話に展開していきます)