小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ 体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

未分類

T先生

2008年11月4日

私がFLAPに入社するより前の話です。

私は以前他塾で働いていました。その時、新卒で1人の社員が私の元に来ました。その先生がT先生です。T先生は、自称体重が200kg。多分もっと体重があります。本当に球形の体の持ち主でした。しかも女性で、身長は私より低いので、この私(当時80?)が隣に立っても私がやせて見えるぐらいの人でした。

 

T先生の初授業の日、いきなりT先生は人気者になる大事件を起こしました。教室の入り口に挟まったのです。大抵塾の教室の入り口は広くはありません。教室内でリスニング等を行うこともあるので、音漏れを防ぐために少し小さめの入り口になっています(一般家庭の部屋のドアと同じぐらいだと思います。)そこに挟まって出れなくなったのです。男子3人で押し込んで何とか入室できました。(その後は、わざわざ横になれば通れることがわかり、挟まったのはあと1回ぐらいです。)

 

私とは半年ぐらい一緒でしたが、その間に教室のいすを3個破壊しました。学校のパイプいすと同じものです。いすの脚にある左右をつなぐパイプが持たないようです。にもかかわらず、T先生は体重を1箇所にかけるので圧力でパイプが取れてしまうのです。

 

先生が歩くと本当に地鳴りが聞こえました

怒ったときに机を『バン』と叩くのですが、『ばん・・・ミシミシ』と言う感じで聞こえるので、生徒には『本気で叩かれたら(叩きはしませんが)・・・潰される』という恐怖を、私には『机が壊れるかも、本部に何といって買ってもらおう・・』という恐怖を与えていました。

先生の体重は、現在98.2?。この3週間で1.8?減りました。

そのT先生とGWごろに7年ぶりぐらいに再会しました。T先生はめっきりやせていました。(多分私より少し体重が多いくらいです)医者に危険だと宣告され、必死のダイエットをしたそうです。出産を機に2年前退職し、現在2児の母だそうです。性格も落ち着いて、いいお母さんになっていました。もうあの頃のT先生はどこにもいませんが、伝説だけは残していったようです。

 先生は筋肉がついたせいか、見た目は変わらなくても少しずつ体重が減ってきました。

後日談ですが、その塾の他の先生に、10月に再会しました。T先生は約7年その塾で仕事をしました。私がその塾を退社後も、3つぐらいいすを壊し、本部がT先生用のいすを特注で発注したそうです。10人乗っても大丈夫・・・という類のものです。そのいすも1個破壊したそうです。ダイエットのきっかけも、ぎっくり腰が原因だそうです。重いものを乗せようとした際、ぎっくり腰になった。しかし、生徒みんなで起こそうとしたが、起せなくて授業中に救急車を呼ぶことになったそうです。

私も今ダイエット中ですが、見た目だけではなく、体重増加には危険がいっぱいあります。しかし、やせているのに更にやせたいというのも危険です。BEST体重を保つのが一番いいのですね。