小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ    体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

まばし教室

試験直前補講を終えて

2008年11月26日

以前から引っかかっていた点が

一つ今回解消されたので一言 

 

 

学校のワークを試験補講で一生懸命やっている生徒。

期限に間に合うように試験補講の日に一生懸命ワークに取り組む。

 

 

違うっ!

 

直前補講の使い方を間違ってるでしょ。

ワークで分からないところを聞くために一通り終わらせて持ってくる

なら 話はわかる。   塾を有効活用してるから。 

 

 

 

それを、なしてわざわざ直前補講の日にやるかっ!

この日は最終チェックの日。

点数を上げるために、目標を達成する為に設けている日だ。

 

講師たちは、そのために準備万端

演習用のプリントを用意して生徒達を待っているのだ。

 

学校のワークは自分で取り組むべきでしょ。

「早めに取り組めよ。」「もう始めろよ。」「最低2回はやるんだぞ。」

今まで何度も何度も言ってきた。

まばし教室ができた頃から言ってきた。

 

それでも終わっていない。

でも提出期限は守らなければいけない… 

 

今まで目をつぶって、取り組ませていたのも事実。

(認める私も弱かったか…)

 

提出期限に間に合わすために解答を写すなどもってのほか。 

全く意味が無い。本末転倒。 

 

それが 今回

 

ワークを直前補講で行う生徒はいなかった。

すばらしい!

 

まばし教室の生徒達の大きな進歩だと思う。

 

 

学校のワークは早め早めに自分で取り組む。最低2回は繰り返す。  

地道にそういうことができる生徒が成績を伸ばす。

 

 

努力を厭わず、目標に向かって前向きに行動できる。

その雰囲気が風土になり、新たに入塾する生徒達へも波及する。

切磋琢磨しながら何にでも取り組むことができる。

当然のことを、当然のように実行できる。 

 

 

目標を定め、積み重ねが結果に表れる。 喜びを感じる。

 

努力が報われることを経験する。

 

そんな成功体験をみんなに経験して欲しい。 

 

そして、自分自身に自信を持ち、誇りをもって欲しい。

 

 

だから、誘惑に負けて、楽な方に流されないで。

「別にいいんじゃない?」とささやく悪魔に耳をかさないで。

 

頑張っている人にしか神様は微笑んでくれないの。

 

 

 

なんか話が大きくなりましたが

まばし教室もまた一歩前進です。

 

今後も、そんな生徒達が集まる -そんな生徒達に変えていける-教室でありたいと思います。