小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ 体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

南流山教室

竜門の滝?

2008年10月25日

 日本のお隣の国、中国には大きな大きな川が二つあります。一つは黄色い川の「黄河」。もう一つは中国を南北に分ける「長江」。この二つの川は、とっても大きく、一番大きい所では、向こう岸が見えません。そして、この川は、何千年も前から中国の人々の暮らしと大きな関わりを持ってきました。その中には、多くの伝説が眠っています。

 

 今日は、そんな伝説の一つをお話しましょう。今回お話しするのは、二つの川のうちの「黄河」の方の伝説です。

 黄河はとても、とても長い川です。その途中には、いろいろな川魚が住んでいます。その中に一匹のフナの子が住んでおりました。名前はファンリンといいます。あるとき、旅の川魚が、子どもたちに、旅の話を聞かせてくれることがありました。

 

 「この川を遠く上って行くと、流れがだんだん激しくなって、更に進むと水が化け物に変わる場所に着く。そこが、竜門の滝なのさ。そして、竜門には、たくさんの魚がやってくるんだ。それでな、竜門をのぼると、魚は竜になれるそうだ。」

 

 子どもたちの1人が質問しました。

 

 「竜になったら、どんないい事があるの?」

 

 それに対し、旅の魚はこう答えたそうだ。

 

 「竜になったら、空を飛んで自由にどこへでも行けるんだ」

 

 それを聞いたファンリンは、竜門にとても行きたくなりました。

 

 

 

 続く