小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ 体験授業予約

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 中学受験コース

南流山教室

石虎将軍

2008年9月11日

 むかし、むかしのことです。

 

 中国の前漢時代に李広という将軍がいました。

 

 彼には、父親がいませんでした。ある時、母親に、

 「どうして、私には父がいないのですか」と問いました。

 

 母親はそれに対して、こう答えました。

 

 「父親がいなくて、どうしてお前が産まれてこうようか。父は、お前が幼い時、近くの山で虎に襲われて亡くなってしまったのだよ」

 

 それを聞いた李広は、悲しむ一方で、「男として生まれたからには必ず父の仇を討ってみせん」と心に誓いをたてました。

 

 それからというもの、幾日も、父の仇である虎を探していると、ある日、暗い林の中に、虎がうずくまっているのが見えました。

 李広は「父の仇をついに見つけた」と思い、あらん限りの力を振り絞って、矢を放ちました。

 その矢は、見事に奥深くまで突き刺さり、李広は父の仇を討てたことに大喜びでした。さてさて、どのような虎か近づいて見てみると、それは虎に似た大きな石でした。

 

 李広は父の仇でなかった事にひどく落胆をしましたが、一つの疑問が残りました。それは、矢が石を貫いた事です。石が軟らかかったのかもと思い、その後、何度と無く、石を射てみましたが、結局、1本も貫けませんでした。

 

 それは、父の仇を討ってみせるという一念が岩をも貫いたのだと、李広はしみじみと思いました。それが転じて、「一念岩をも通す」「思う念力岩をも通す」という慣用句が生まれたと伝えられています。(意味…心をこめてすれば、できないことは何もない。by広辞苑)

 

 その後、この話の噂はどんどん広まり、李広は「石虎将軍」と呼ばれるようになりました。

 

 何ごとも、強い意志が大切です。フラップ指導会の「生徒に贈る7つの言葉」の中にも「目標を成し遂げるには正しい計画と情熱と強い意志が必要です。」とあります。

 

 「必ず○○点取ってやる」「絶対に○○高校に合格してやる」

 

 こういう強い意志を持ち続けた人が、最後には勝ちます。

 

 早い学校で、中間テストまで、あと3週間。しっかり強い意志を貫き通しましょう!頑張るぞ!!