小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

色々気が付いたことやヒントになりそうなこと 1

2018年03月21日

 

 

私がこの業界に入って丁度30年が経過しました。勤務講師として15年、経営者として15年。あっという間でしたが、色々と気が付いたことや、皆さんのヒントになるかもしれないことを断片的に書き連ねていきたいと思います。1つのテーマで長文にはならないツイッターのようなものを思いつくままに・・・・

 

 

  1. センター国語の漢字の配点はわずか10点(5×2)しかない、ここに時間をかけても千葉県公立高校入試の数学の計算問題も同じ。地域トップ高校の合格者でも計算問題でミスをする人はほとんどいない。大学受験生は小学から高校1年まで、高校受験生も幼いころから基礎的な計算は速かった。 語彙力と計算力は幼いころからの積み重ねが大切で、それが高学力の土台となっている。
  2. かといって漢字や計算ができれば上位高校に合格できるのかといえば当然違う。
  3. 意味はないが、東大をはじめとする難関大学合格者で、漢字でミスを2つ以上する人は事実上皆無。

 

  1. 小学校の英会話教室は役に立つか?とよく聞かれるが、結論は簡単。小学校から成人になるまで継続すれば役に立つが、中学までのお稽古、習い事なら役に立たない。英語を武器にしたいなら中学高校とよりハードなレッスンを受けていかないと意味はない。これはスポーツなどと同じ。
  2. 中学入試で地頭(じあたま)を鍛えた連中に数か月でごぼう抜きされる。

 

  1. 読書をすれば国語力は向上するか?これもよくある質問。この答えも簡単。より難しい、大人向けの書物に自然に入り込むので読書傾向と国語力はほぼ比例する。  
  2. フラップ指導会  代表 飯塚 晃
  3. 取りとめないですが少し続けたいと思います。
  4. 問題はこの後、中学、高校と年齢を重ねるにしたがって読書で国語力を向上させるカーブは鈍くなる。理由は書物の難易度の上昇がなくなるから。娯楽の読書。情報収集の読書という読書本来の目的になればなるほど国語力の向上という目的からは遠くなる。大人が毎日スポーツ新聞や週刊誌を読んでも国語力はつかないのと同じ。
  5. 小学生低学年は確実に向上する。 高学年もその傾向は非常に強い。この年代までは
  6. より難しい、大人向けの書物に自然に入り込むので読書傾向と国語力はほぼ比例する。

    問題はこの後、中学、高校と年齢を重ねるにしたがって読書で国語力を向上させるカーブは鈍くなる。理由は書物の難易度の上昇がなくなるから。娯楽の読書。情報収集の読書という読書本来の目的になればなるほど国語力の向上という目的からは遠くなる。大人が毎日スポーツ新聞や週刊誌を読んでも国語力はつかないのと同じ。

     

    取りとめないですが少し続けたいと思います。

     

    フラップ指導会  代表 飯塚 晃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生 様子を見ない

2018年01月31日

インフルエンザが流行り始めました。A,B両方です。

今回は毎年回話していることを書きます。 短いです。

 

 

受験生は風邪かな?と思ったら 様子を見ないで直ぐに医者に行く!

 

私の感覚ですが 受験の第一志望の当日に体調不良になる人は40人に1人いると思います。

クラスに1人くらいの割合です。

 

その中でもインフルで高熱という人は実力の30%くらいしか力を出せないと思います。

 

多いパターンは

 

試験の数日前熱っぽい、寒気がする、関節が痛い。

様子を見る

発熱

 

 

最初の段階で 医者に行って 事情を話して

 

試験当日だけでも熱を下げて なるべく平常時の実力を出せるように

おねがしてください。  点滴を打って乗り切る人もいました。

 

様子を見ないでください。

 

部活動改革

2018年01月17日

部活動(改革)に関する話題がこれほど盛り上がるのは初めてのことかもしれない。

ブラック部活(生徒の長時間の拘束)とブラック職場、企業(教員の労働環境)の両面から

問題が取り上げられているなのかもしれない。

 

私は個人的に、部活動の活動時間数の削減派だったのだが

現在上がっている「週休1日」「週休2日」などという案には

あまり意味がないと思っている。

 

「プレミアムフライデー」や「「ノー残業デイ」のように

 

なんか一応やってますけど、何か? みたいな形式的な改革モドキで

お茶お濁すのが関の山だと思う。

 

 

どのような形式、変革が一番効果が上がって、尚且つ子供や生徒たちの

成長に寄与して、競技力や文化の力が向上するのか?

 

 

はっきり、最も効果的なのは 年間また週当たりの活動時間数の

大幅削減と時間数の厳守。

 

例えば 野球部  週の活動は月、水、金、で土日は年間12日以内。+年間のトーナメント

週の活動時間数は7時間以内と土日の試合のみ。 シーズンオフは基本的に活動なし。

 

吹奏楽部 週の活動時間は同様に週7時間 活動は主に朝中心、大会前は土曜も行う。

 

 

 

当然兼部も可能。 一人の生徒が サッカーと合唱とロボット部に参加できる。

 

若い時期に一つの競技の1年中時間を使う必要もない。何の才能が開花するかもわからない。

 

 

大学の多くのサークルや部活動は特別強化でスポーツ推薦入試で入学してくる体育会以外は

このような活動しているところが多い。

 

体育会系の部活動でも多くの学生はアルバイトや研究などの制約が多い。

夕方からアルバイトしないと奨学金という学生ローンに押しつぶされる学生も少なくない。

 

ウイークデイは朝練のみ週末に試合形式の練習と長期休みに遠征。という形で

インカレに出場している学校もある。アルバイトも研究室も就活もできるのだ。

 

1年生や2年生の間はアルバイトしたり自然系やボランティア系のサークルで活動したり

多彩な学生生活が送れる。

 

中学生は当然自主性は劣るのである程度管理体制は強化しないといけないのは

生育上当然だが、同じ感じで活動することは可能だと思う。

 

学校外の文化やスポーツ団体への参加も可能になるだろう。

朝練は陸上部、週末は硬式野球 ウイークデイの放課後は学問に打ち込む。とても健全だと思うのだけど?

 

 

 

あと5点を絞り出せ!

2018年01月03日

新年あけましておめでとうございます。
今年の箱根駅伝も青山学院の優勝となりましたが、
駅伝を見ていてよく聞かれる言葉が「あと1秒を絞り出せ!」というフレーズです。

箱根に出場する選手は中学高校と各県のエース級の選手だったはずです。
その選手たちが夏合宿、秋そして冬と仕上げてきて、ある程度完成した形で
年末から試合本番を迎えるはずです。

もう記録を伸ばせない状態から 全員が1秒を絞り出す練習を積み重ねる。
それがトータルすると順位を1つ上げる、その積み重ねがシード権を獲得する。ということだと
思います。

受験生の皆さんも明日の4日から冬期講習が再開します。

今皆さんがしなければならないことは 

絞り出せる5点を各科目で見つけ出して
それを得点に結びつけることです。 

10点、20点多くとろうとする必要はないのです。

もう志望校は変えないのですから・・

1科目5点、5教科なら25点

25点を現状より多く得点できるなら合格の可能性は限りなく100%に近づきます。

毎日毎日、自分がもう少しで得点できる問題、次に同じような問題が出てきたときに対応できる問題を
一つでも多くい見つけてください。

5点を絞り出せ! 忘れないでください。

勉強方法 社会

2017年12月19日

 

 

社会について考えてみたいと思います。

よく聞く言葉が「社会は暗記科目」と言うものです。本当に社会は暗記科目なのでしょうか? 答えは、半分はYES,そして半分はNO!です。

なぜYESなのかと言うと、全ての科目は暗記科目だからです。暗記と言うのが適切でないとすれば、「知識量が必要」と言い換えてもいいです。英語でも、数学でも、理科でも、国語でも同じです。知識の蓄積がなければ解答は得られません。「否!数学や理科は思考力が大切だ。」という方がいるかもしれません。確かに思考力は大切ですが、何の知識の裏づけがないところに思考は存在しません。また大学のセンター入試レベルの問題は思考しなくても訓練で即答が可能なはずです。

では、なぜ半分はNOなのでしょう?社会の歴史・・人物名や年号や事件は暗記しなければならないのでは?そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに人物や出来事などの名称は覚えなければいけませんね。それは間違いないことです。

NOといえる理由を2つあげます。

 1つ目、入試問題は文字の暗記だけでは点数が取れないように作成されているからです。

歴史でも地理でも、現在の入試問題は一問一答形式の問題はあまりありません。グラフ、地図、写真、絵画、歴史的資料など文字以外のビジュアル資料を用いて出題されることが多いのです。例えば、葛飾北斎=化政文化というワードを文字で覚えていても得点できる可能性より、神奈川沖波裏の実際の画像を見て、その時代背景がイメージ出来るほうが試験の正解は得られやすいのです。また、千葉県の入試で年号をそのまま問う問題は出題されたことはなく、年代の並べ替え問題は、歴史の流れが理論的の整理されている人が得点できるように作られています。つまり、出題者は丸暗記をした受験生には得点があまり取れない問題を作成しているのです。

2つ目は、暗記の効率です。歴史の暗記をする際に、その背景になる時代の一般常識や興味があるかないかによって、教科書の内容を覚える効率はまったく違ってきます。大河ドラマ、ゲームの三国志や戦国時代など知識のベースが遊びや娯楽の中で出来上がっている時代の内容を暗記するのは簡単ですが、小学生時代から歴史、世界地理などにまったく興味を示さなかった生徒が教科書内容を覚えるのは大変なのです。

さて勉強方法に戻りましょう。社会の勉強方法、それは日常生活の中にあるのです。テレビや漫画やゲームや新聞や旅行などなどです。そういう日常に歴史や世界への扉があるのです。そういうモノに触れる日常を過ごすことが一番効果的なのです。しかし現実的に入試で点数を取るためには何をしたらいいのか?それを知りたいですよね。

ずばりいいます。それは「教科書と地図帳を頭に叩き込むことです。」教科書の暗記ではありません。先ほども書いたように「文字を文字として暗記」するのは効果が薄いのです。この頃の教科書は写真、グラフ、資料などが満載です。それらのビジュアル資料と文字を何十回と読み返してください。  フラップ指導会 代表 飯塚 晃

1 2 3 4 5 6 84