小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

長所を伸ばす?

2018年08月29日

子どもたちの教育に関してよく表題のようなテーマが語られます。

内容の90%が「長所を伸ばせ!」的な主張なのですが、疑問なのが

そのほとんどが具体的な事例が挙げられていないか、「長所を伸ばした方が結果がよい事例」を掲げている説明に過ぎないことが多いのです。

 

私がこの仕事について心がけてきたことの一つが 現実的であれ。  ということです。

イデオロギーや理念で判断をしない。

現実の中に真実がある。

 

欠点を直すより、長所を伸ばせ! 欠点は短所じゃないそれは個性だ!

 大向こう受けはするフレーズですがすべての事例がそうであるはずがありません。  事実関係を丁寧に考えていかないと大きな失敗をしてしまいます。

 

非常に簡単な例をあげて考えてみましょう。

  1. 私の視力は両眼とも0.1以下です。 裸眼ですと運転はおろか日常生活も満足に送れません。 しかし何不自由なく運転もしていますし、日常生活も送れています。
  2. それは視力という短所を、眼鏡という技術で補強させたからです。

② ある大学の数学科を受験する予定の生徒さんは 社会だけが50点で残り4教科はすべて90点台の点数です。 特に数学の能力は突出しています。入試まで3カ月430点が合格ボーダーです。 入試まで弱点教科を補強しますか?得意教科を伸ばしますか?

また合格後は何に力を入れるとよいと思いますか?

③ある陸上選手は驚異的な脚力を持っていますが、上半身の筋力が弱いために終盤に軸がぶれて失速します。 短所は筋力不足です。 

 

皆さん当然だとは思いますが 「その場合は短所を直した方がいいよ。」と思うでしょう?

その通りなのです。 その場合の判断がものすごく大事だと思うのです。

上の例は非常に分かりやすい例で他人の事なので客観的に判断ができますが、これが自分や我が子のことになると客観的に判断できなくなる場合が多いです。

 

皆さんは自分の長所と短所を的確に言える自信がありますか? 難しいですよね。特に長所は・・・ 

短所はどうでしょうか? これも難しいですが短所の方が比較的簡単だと思います。

その見つけ方と対処の仕方については次月に書きたいと思います。

 

今月は 「現実をよく見つめ、判断して 長所、短所への対応を考えよう。」という結論でした。

 

 

フラップ指導会 代表 飯塚 晃

 

 

 

 

 

夏休みにどうしても成績を上げたい人へ!

2018年07月18日

 

 

この夏にどうしても成績を上げたい人へのアドバイスです。

 

1、目標を明確にする。人に宣言する。

 ○○高校、◎×中学、大学に行きたい。そのためにこの位の成績を取る!はっきり口に出して言えるようにしましょう。身近な人(お母さん、お父さん、兄弟や友達、塾の担当の先生など)に宣言してしまいましょう。

 

今まで私が、見てきた生徒さんで「頑張ってみて、それから受験する学校を決める。」と言った人はほとんど成績があがりません。それでは自分に負けます。

 

一番ダメなパターンは、以前も書きましたが、「勉強して頭を良くしたい。」です。最も曖昧、具体性のない目標です。

 

2、人と同じ勉強量では成績は上がらない。

 夏休みは学校がありません。勉強時間とその集中度は一人一人によって違ってきます。自分では今までに比べて勉強時間を増やしたつもりでも周りの人がもっと増えていれば成績は低下します。

 

勉強量と集中度で人に負けて向上はありません。人に負けない。 最低時間量が人より劣っていたら成績上がるはずありません。

 

3、イベントのない夏にする。単調な生活を送ろう。

  夏は華やかな季節です。いろいろ楽しいことがたくさんあります。「たまには気分転換も必要。」「息抜きも大切。」それは余裕のある人に任せておきましょう。自分の希望を成就するためには何かを犠牲にしなければなりません。世間の誘惑に負けない。

花火大会に行って、旅行にも行って、部活に全力を尽くして、田舎に帰省して、

尚且つ成績をどうしても上げたい! 矛盾していますよね。

部活動も旅行も花火大会もとてもいいですよね?素晴らしいと思います。だけど、何かを成し遂げたいなら、何かを犠牲にしなければなりませんよね。

 

夏休みに成績を上げた人に例外なく共通していたのは「単調な生活」言い換えれば「規則正しい生活」を送っていました。部活動があっても 部活が終われば決まった時間から机に向かう。決まったペースで通塾して、自習して帰る。

 

 「大変そうだな~・・」 そう思いますか? 一生そんな生活が続くわけじゃないですよ。自分を一時期だけ違う自分に変えるのです。

             フラップ指導会 代表 飯塚 晃

あと5点を絞り出せ!

2018年01月03日

新年あけましておめでとうございます。
今年の箱根駅伝も青山学院の優勝となりましたが、
駅伝を見ていてよく聞かれる言葉が「あと1秒を絞り出せ!」というフレーズです。

箱根に出場する選手は中学高校と各県のエース級の選手だったはずです。
その選手たちが夏合宿、秋そして冬と仕上げてきて、ある程度完成した形で
年末から試合本番を迎えるはずです。

もう記録を伸ばせない状態から 全員が1秒を絞り出す練習を積み重ねる。
それがトータルすると順位を1つ上げる、その積み重ねがシード権を獲得する。ということだと
思います。

受験生の皆さんも明日の4日から冬期講習が再開します。

今皆さんがしなければならないことは 

絞り出せる5点を各科目で見つけ出して
それを得点に結びつけることです。 

10点、20点多くとろうとする必要はないのです。

もう志望校は変えないのですから・・

1科目5点、5教科なら25点

25点を現状より多く得点できるなら合格の可能性は限りなく100%に近づきます。

毎日毎日、自分がもう少しで得点できる問題、次に同じような問題が出てきたときに対応できる問題を
一つでも多くい見つけてください。

5点を絞り出せ! 忘れないでください。

欠点を補強せよ!

2017年12月13日

次の文章は2015年9月号の教室便りの内容です。

 

この内容は2回目になりますが 弊社の重要な考え方なので再掲します。

特に聞こえが良いイデオロギー的な言葉に対して理性的に判断して

リアリティーをもって対処していくということを繰り返して述べています。

**********************************************

 

 

 

子どもたちの教育に関してよく表題のようなテーマが語られます。

内容の90%が「長所を伸ばせ!」的な主張なのですが、疑問なのが

そのほとんどが具体的な事例が挙げられていないか、「長所を伸ばした方が結果がよい事例」を掲げている説明に過ぎないことが多いのです。

 

私がこの仕事について心がけてきたことの一つが 現実的であれ。  ということです。

イデオロギーや理念で判断をしない。

現実の中に真実がある。

 

欠点を直すより、長所を伸ばせ! 欠点は短所じゃないそれは個性だ!

 大向こう受けはするフレーズですがすべての事例がそうであるはずがありません。  事実関係を丁寧に考えていかないと大きな失敗をしてしまいます。

 

非常に簡単な例をあげて考えてみましょう。

  • 私の視力は両眼とも1以下です。 裸眼ですと運転はおろか日常生活も満足に送れません。 しかし何不自由なく運転もしていますし、日常生活も送れています。

それは視力という短所を、眼鏡という技術で補強させたからです。

② ある大学の数学科を受験する予定の生徒さんは 社会だけが50点で残り4教科はすべて90点台の点数です。 特に数学の能力は突出しています。入試まで3カ月430点が合格ボーダーです。 入試まで弱点教科を補強しますか?得意教科を伸ばしますか?

また合格後は何に力を入れるとよいと思いますか?

 

冷静に考えると物事には順序があるとわかりますよね?

 

③ある陸上選手は驚異的な脚力を持っていますが、上半身の筋力が弱いために終盤に軸がぶれて失速します。 短所は筋力不足です。 

 

皆さん当然だとは思いますが 「その場合は短所を直した方がいいよ。」と思うでしょう?

その通りなのです。 その場合の判断がものすごく大事だと思うのです。

上の例は非常に分かりやすい例で他人の事なので客観的に判断ができますが、これが自分や我が子のことになると客観的に判断できなくなる場合が多いです。

 

皆さんは自分の長所と短所を的確に言える自信がありますか? 難しいですよね。特に長所は・・・ 

短所はどうでしょうか? これも難しいですが短所の方が比較的簡単だと思います。

 

 

今月は 「現実をよく見つめ、判断して 長所、短所への対応を考えよう。」という結論でした。

 

 

松戸、柏、流山の少人数制学習塾 

フラップ指導会 代表 飯塚 晃

 

勉強法1 再掲

2017年04月26日

もう何年前になるのか忘れたが、 驚異的に成績が向上したクラスがあった。
28年以上 学習指導に携わってきたが 別格的な成績向上。

 

3年4月の実力テストの成績が1月には平均して偏差値が9,8も上がったクラスがあった。
50台中ころの成績が66まで伸びたのだ。

色々印象深いエピソードがある連中だったのだが
よく生徒達に話すことがある。

 

そのクラスの連中は4つの中学から集まっていたのだが
仲がよく。 まとまりのあるクラスだったのだが
その仲でも引っ張っていたのが ある大人しい男子生徒と 勝気な女子生徒だった。
二人とも所属する中学では学年トップだった。

 

男子生徒のA君は几帳面で大人しい性格なのだが 芯は強い。

夏休みも終わり 受験レベルの勉強にも慣れ始めたころ。
私はAくんの腕を見て   「お前なんだこれ?」

Aくんの左腕の内側には 3行程度の

英文と社会の用語が書かれていたのだ。

「今日の授業で間違えたところです。 ノートに書くより腕に書いておけば、家で風呂に入るまでに
覚えてしまうから。」

ビックリです。  「A・・・お前すげーなー」 心底感心して褒めました。

翌日には 2名が腕メモを始めました。

翌週にはクラス全員が 「今日の暗記事項」を左の内腕に書ようになりました。

Aくんはかなり理解の進んだ生徒だったので 腕に書く量は数行だったのですが
覚えることが多すぎる生徒は 左腕 一杯の まるで タトゥーのように
はたまた 耳なし芳一お経のような状態でした。

そお一種異様な雰囲気は 必ず実を結ぶもので
彼らは授業のある日は毎回 腕メモを暗記して 就寝というサイクルを成し遂げていました。

*ちなみに腕メモの良いところは 「簡潔にまとめる能力向上」にも役立ったと思います。
書くスペースや細かい字だと読み取れないので なるべく簡潔にわかりやすく自分の思考をまとめる訓練にもなったようです。

 

脅威の成績向上の理由は実はもう一つあったんです。
それは一番勝気な女の子Bさんによるものでした。
その話しは次回に・・

 

1 2 3 4 5 18