小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

部活動改革

2018年01月17日

部活動(改革)に関する話題がこれほど盛り上がるのは初めてのことかもしれない。

ブラック部活(生徒の長時間の拘束)とブラック職場、企業(教員の労働環境)の両面から

問題が取り上げられているなのかもしれない。

 

私は個人的に、部活動の活動時間数の削減派だったのだが

現在上がっている「週休1日」「週休2日」などという案には

あまり意味がないと思っている。

 

「プレミアムフライデー」や「「ノー残業デイ」のように

 

なんか一応やってますけど、何か? みたいな形式的な改革モドキで

お茶お濁すのが関の山だと思う。

 

 

どのような形式、変革が一番効果が上がって、尚且つ子供や生徒たちの

成長に寄与して、競技力や文化の力が向上するのか?

 

 

はっきり、最も効果的なのは 年間また週当たりの活動時間数の

大幅削減と時間数の厳守。

 

例えば 野球部  週の活動は月、水、金、で土日は年間12日以内。+年間のトーナメント

週の活動時間数は7時間以内と土日の試合のみ。 シーズンオフは基本的に活動なし。

 

吹奏楽部 週の活動時間は同様に週7時間 活動は主に朝中心、大会前は土曜も行う。

 

 

 

当然兼部も可能。 一人の生徒が サッカーと合唱とロボット部に参加できる。

 

若い時期に一つの競技の1年中時間を使う必要もない。何の才能が開花するかもわからない。

 

 

大学の多くのサークルや部活動は特別強化でスポーツ推薦入試で入学してくる体育会以外は

このような活動しているところが多い。

 

体育会系の部活動でも多くの学生はアルバイトや研究などの制約が多い。

夕方からアルバイトしないと奨学金という学生ローンに押しつぶされる学生も少なくない。

 

ウイークデイは朝練のみ週末に試合形式の練習と長期休みに遠征。という形で

インカレに出場している学校もある。アルバイトも研究室も就活もできるのだ。

 

1年生や2年生の間はアルバイトしたり自然系やボランティア系のサークルで活動したり

多彩な学生生活が送れる。

 

中学生は当然自主性は劣るのである程度管理体制は強化しないといけないのは

生育上当然だが、同じ感じで活動することは可能だと思う。

 

学校外の文化やスポーツ団体への参加も可能になるだろう。

朝練は陸上部、週末は硬式野球 ウイークデイの放課後は学問に打ち込む。とても健全だと思うのだけど?

 

 

 

学問、読書の秋とはいいますが・・・

2017年09月19日

灯火親しむといいます。秋の日はつるべ落としとも言います。

気候も良くなり 夜の時間が長くなり、静寂が集中を促すというわけでしょうか

学問の秋という言葉があります。

 

10月ともなれば入試シーズンを控えて勉学に励む時期という意味もあるかと思います。

 

たしかにアクティブなイメージがある夏に比べて

秋のほうが思索には向いているというのかもしれません。

ただあくまで私の個人的な感覚ですが

 

成績向上している生徒って決して

 

「灯火親しむ」でもいないし

「静寂で思索」もしていない子供が多かったような気がします。

 

逆に「夜にならないと勉強する気にならない。」という 勉強した気病

になっている生徒さんのほうが芳しい成績は上げていない例が多かったような気がします。

 

深夜 家族が寝静まってから ライトスタンドの下で勉強をする。

なんか受験生らしくて十分に勉強をした満足感は得られ充実感は満たされるとは思います。

 

ただ現実私が見てきた数千人の子供たちを見ると

てんやわんやしながら 昼間の時間に自分の勉強時間を見つけて

例えば 放課後から夕食までとか

朝の1時間とか

休日の午前中とか

そういう無駄にしやすい時間帯に やるべきノルマを淡々と 事務作業のように

こなした生徒さんのほうが学習効果は大きかったように思います。

恐らく本人の勉強の充実感や充足感は低かったと思いますけど・・・

 

 

これもまた私の感覚なんですが

これは多分 集中力との関係が少しあるのではないかと思うのです。

 

夜に勉強していると 時間は無限のように感じますよね

さえぎるものがない感覚です。

自分のペースで勉強ができる。

 

ただコマ切れというか

朝とか、昼とか、夕方の時間だと

時間の拘束が大きいので

数十分の間に集中して取り組まざるを得ない

 

ここにその差が生まれてくるのではないかと思うんです。

 

 

入試というのは その本質は良い悪いは別にして

 

短時間にいかに効率よく 情報を処理してできるかを競うものですから普段からその訓練をしている子供とそうでない人ではその差が出るのは当然・・・という気がします。

 

 

フラップ指導会 代表 飯塚晃

新人教室長奮戦す。 1 再掲

2017年06月13日

以前のコラムですが再掲します。

 

私が 新人の教室長のころの話ですから 30年近くまえのことです。

他業種から 塾の業界に入ったため ほとんど何も分からないまま授業や業務をこなしたのが
1年目の私でした。

教室長になって どうも感覚が掴めなかったのが 生徒との距離感というか接し方でした。

それまでは会社員でしたから 中学生や小学生とほとんど話をした経験もなく
「とりあえず 教えるか・・」といったノリで毎日を過ごしていました。

ただ、何も知らないというのは怖いもので 今考えれば かなり際どいというか
レッドカードの塾の講師だったような気がします。

特に中学3年生の男子には 厳しくと言うか、体育会系の雰囲気でした。

夏休みを毎日すごすと 塾では一種同士的なつながりが出来て
仲間という感覚になってきます。

部活動を引退して 土曜日(当時は半ドン)に学校が終わると
塾に3年生の男子は集合して勉強!といった感じで
私と生徒たちは 少し歳の離れた兄弟のような感じで 勉強をしていました。

体育会系ですから
宿題を忘れたり
基準点に達しなかったり
早押しクイズに負けると 当然罰ゲームがあります。

罰ゲームのほとんどは  私の趣味で ヒンズースクワットでした。
肩幅に足を開いて 立ったり座るのを繰り返す運動です。

土曜や放課後に 勉強しに来て
ほとんどの3年男子はヒンズースクワットを
多い生徒は150回
少なく生徒で30回くらいは毎日やっていました。

そんなある日すっかり仲良くなってい生徒たちは
ある計画を立てていました。

「釣りに行こう!気分転換に!」

なぜか私もそのメンバーに入っていました。 (休みたかったけどね。)

日曜日の朝8時にに集合。 (現在の北小金のサティ)の近くか?

我孫子の手賀沼が目的地でした。

集合した生徒を見て私はビックリ・・・・・・

叱られる先生

2016年11月02日

松戸、柏、流山の学習塾 フラップ指導会の飯塚です。

 

生徒が授業中に騒ぐ、集中しない。 そんな時どうするか?

叱る、諭す、説教をする。 逆に黙って生徒が気が付くのを待つ。

まあいろいろありますが

大体が効果があってもその場限りの一瞬の効果で終わってしまう場合が多いです。

 

根本的に生徒の姿勢や授業の方法を変えないといけないのですが

 

何も変えないで完璧に静粛な授業になったクラスの話をします。

 

 

超短いです。

 

 

新人の先生 生徒のコントロールが効かないで 俗になめられている状態でした。

授業中に私語がやまず・・・・

 

「ほら おしゃべりやめよう!」

「集中しよう!」

 

聞く耳持たない状態でした。

 

 

その時隣の教室から  ベテランの怖い先生が・・・

 

うるさい!と 怒鳴られると思った生徒たちでしたが

「センセ、ちょと来て。」と新人先生を教室から連れ出す。

 

教室内に広がる  なんかまずいなーという雰囲気。

数分後 ひどくうなだれた新人先生が帰ってきました。

 

澱んだ空気の中 私語は一切なくなりました。

 

途中 「フー」とため息をついて数秒の沈黙 うつむく新人先生

 

広がる重い沈黙。

 

一瞬にして空気を変えてしまったのでした。

 

 

 

 

 

奇跡のカード①再掲

2016年01月27日

昔ブログに投稿した文章ですが気に入ったのを再度掲示します。

 

韓国と北朝鮮がきな臭い状況になってきている。
両国ともまた平和を確認しているわけでもないのでいつ戦争になってもおかしくないのだが・・・・

これから書くことは本当の本当、事実私が経験したことです。

私が中学生のころは もちろんメールも携帯も、インターネットもなかったのですが

当時 流行っていたのはアマチュア無線というもので 4級だか3級だかの免許を取ると
アマチュア無線で世界中の人と会話ができる! というのが流行っていたのです。

まあ当然英語ができないと話すことも無いのですが、 

無線の機械自体が 男の子にはとても魅力的なわけなのですが
機械自体がとても高価であり、敷居も高く
次ぎあたりに魅力的な 「短波放送」の受信というのにはまっていくのです。

TBSとかニッポン放送や文化放送は中波
そのほかにFMが 日本では中心ですが

長距離に電波を飛ばすには短波というラジオ帯を使用すると良いらしく
海外からの放送を受信するのがブームでした

1万円以下で高性能な短波ラジオを買うことができて
それに手製のアンテナを軒先につるすと  天候や季節によっては地球の裏側からの
放送をキャッチできるのです。

電波の状態が良くなるのは夜が多かったような気がします。
モスクワ放送やBBCなど有名どころはすぐに聞けます。

そのころ少年達のステータスはべリカードと言って
受信した放送のレポートを放送局に送ると 証明書みたいなカードを送ってきてくれるのです。

例えば 中国の放送局(名前忘れた 中国国際放送?北京電子台?)に
何月何日何時に お宅の放送を受信しました。 
感想 面白かった、勉強になりました。 これからも楽しい放送お願いします。

*べりカード送ってください。(これが一番大事)

こういうことを 国際郵便で英語で書くわけです。
英文の手紙の書き方をマネながら。

そうすると2ヶ月くらいすると 世界中から返事がくるんです。
結構感激!して自慢するネタになるんです。

しかし失敗も何回もするわけなんですが 今回よく考えると 奇跡と思えるカードが贈られてきたことがあるんです。

当時は東西問題と言ってアメリカとソ連が冷たい戦争を行っている最中で
ソビエトや中華人民共和国や北朝鮮のプロパガンダ(宣伝)は結構強烈でして
日本にも強力な短波放送の電波を送ってきていたのです。
ですから それらの国々の電波は楽に受信ができる状態でした。

ただ初心者としてはすべてのべリカードをコレクションすることが大切でしたので

2回目に書いたレポートは北朝鮮のピョンヤン放送だったのです。   つづく 

1 2 3 4 5 22