小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。

資料請求のお問合せ

  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

クラリネット

2019年04月10日

習志野 選抜準優勝 おめでとうございます。

実は1回戦の日章学園戦は甲子園に応援しに行ってました。

生美爆音 最高でした。  昔のことを思いましたので 昔の投稿を再掲します。

 

新聞やマスコミで 教員などの体罰や暴力が取り上げられる時
コメンテーターは 「何があっても、絶対に暴力や体罰はいけません!許されまへん!」と偉そうにいう。
まあ、確かにその通りで 何もいうことがないのだが・・・
本当にそれでいいのか。 いや それでよかったのか?と思い出すことがある。

それは 私が学習塾の業界に入って数年たった 経験も浅い 教室長だった時代。

ある女子生徒がいた。ミドリちゃんという子だ。 ミドリは非常に小柄な生徒で お世辞にも良い成績だとはいえない 成長の遅い類の子どもだった。

中学に入り 彼女は吹奏楽部に入学した。 運動部では身体が厳しいということもあったが、
音楽が何より好きだったのだ。

ミドリは勉強が得意ではない。 いやかなり遅れているといったほうがよい成績だった。
しかし、何事も笑顔で 素直に まっすぐに取り組む姿勢を 私達は とても好感を持っていた。

残して よく勉強を教えた。

「ミドリ。 これが こうなって こうだろ・・・・・ 分かる?大丈夫?」

「はい!大丈夫です。」

「じゃ、これやってみな。」

「・・・・・・・へぇ?」

  こんな感じだったがとてもよい子だった。

 2年生になり ミドリはクラリネットの担当になった。
そして なんと パートリーダーになり 部活動の副部長に任命されるまでになった。
彼女の真面目な練習態度は同級生からも下級生からも 顧問の先生からも認められたのだ。

ある土曜日 郊外練習会の帰りに ミドリは塾にそのまま来た。
学校の備品である クラリネットも持ったまま。

授業が終わり。少したって カバン置き場に向かう。

ミドリは気がついた。
「???!」   持ってきたはずのクラリネットがない。確かに置いたはずなのにない。
教室に戻って 探したけどない。

パニック気味になり 探し出すミドリ

「ないよ。ないよ。クラリネットがないよ。」 10分経つと泣き出した。

クラリネットはとうとう見つからなかった。 

 

 週があけた月曜日の夕方 ある生徒が学校帰りに塾にきた。

「クラリネットは見つかったよ。 H君がイタズラでもって隠したみたい。
 学校で 話しているのを聞いた。 ミドリは慌てて 泣き出したことを笑いながら
 友達と話していたよ。 」

私は一瞬で 胃にいやなものを感じた。 血が少し動いた感じがした。
そういえば Hは 用もないのに土曜日に教室にいた。 言われてみれば・・
ニヤニヤしていたのを思い出した。

「分かった。それは本当のことだよね?」冷静を装って 話を終えた。

夜になり。ずーっと思案していた。
「落ち着け。落ち着け。」
このままでは 来た瞬間に Hを殴る。そんな予感がした。

生徒がくる時間になり。教室にいると ミドリがやってきた。

「センセー! あったよ^? 良かったよ。」 何事もなかったように
そう報告してくれた。

Hがやってきた。
他の生徒がいない教室で事情を聞こうと思った。

「H・・ちょっと こっちに来てくれ・・」

「はぁ? なんすか?ミドリのことですか?それはもう解決済みっすよ。」

 自分自身 切れたのがわかった。
Hの奥襟をとろうと一歩前に歩を進めた瞬間

ミドリの同級生の美咲がすっ飛んできた。

 美咲は
「テメー!」と叫ぶと

右手で平手うち そして すぐ左手はグーで・・これは空振りだった。
続けざまに パンチを・・・

私も 彼女の友人も ミドリも 慌ててとめる。
美咲は普段はとても大人しいのだが 正義感が強い女の子で
Hを許せなかったのだろう。

美咲もミドリも ことの経緯をして知っている女子はみなその場で泣き出した。

もし 美咲がやっていいなければ
私は自分を抑える自信はなかった。

ミドリは泣きながら みんなに
「ごめんなさい ごめんなさい。」と謝っていた。

何もなす術をしらない 未熟者の私には
かなりつらいシーンだった。

 

 

 

ちなみにミドリはその後 習志野と並ぶ名門「市立柏」に進学して 吹奏楽部に入りました。

色々気が付いたことやヒントになりそうなこと 3

2018年05月16日

  1. 1.成果の上がらない子は「頭が良くなれば成績が上がる。」と考えます。
  2. 成果の上がる子は「一つ一つの課題を積み上げること」を考えます。 

  なかなか成果の上がらない生徒さんの思考方法は 頭がいいから成績がいい。と考えがちです。勉強をすると頭がよくなって自然と成績が上がってくる。という思考です。

  もちろん頭がもともと良いのに越したことはありませんが、自分が成果を上げるためには「知識を増やして、その使い方のパターンの組み合わせを理解して、スピードと効率を良くする。」という当たり前の積み重ねを続けていくしかないのです。それを理解しないと永遠の成果は上がりません。

 

  1. 2.成果の上がらない子は「自分のミスに対して寛容」ミスに対する接し方は非常に重要です。「おっちょこちょい」「ケアレスミス」「気を付ければ本番では大丈夫。」
  2. 頭が良くなるのが目的なのだからミスは本質的な問題ではない。と考えているのかもしれませんが、全く逆です。成果の上がる子は自分のミスに対しての記憶力が優れているのです。ノートに記録するのか、頭脳に記憶するのかの差はありますが、着実に積み上げてミスの回数を減らしていきます。
  3. 次のようなセリフは危険です。
  4. 成果の上がる子は「自分のミスに不寛容で、そこを掘り下げる。」

 

  1. 3.成果の上がらない子は「ノルマをこなせば成績が上がる。」と考えます。
  2. 成果の上がる子は「作業やノルマの意味を理解しよう」と考えます。

 

    典型的な例ですが、宿題で学校にワークの提出があります。答えを写したり、

    機械的に回答を書き連ねるだけでは学習の意味は全くないですよね。

    ノルマをこなしたのだから、義務を果たしたのだから成績が上がる権利がある。    

    と考えてしまうと停滞の渦に巻き込まれてしまいます。

    「言われたことはやったのに!」では成果は上がりませんよね?

   この作業の目的は何なのか?これを考える子や自然に身についている子は成果は上がります。覚えるのか?理解するのか?速度なのか?

 

            フラップ指導会 代表 飯塚 晃

受験生 様子を見ない

2018年01月31日

インフルエンザが流行り始めました。A,B両方です。

今回は毎年回話していることを書きます。 短いです。

 

 

受験生は風邪かな?と思ったら 様子を見ないで直ぐに医者に行く!

 

私の感覚ですが 受験の第一志望の当日に体調不良になる人は40人に1人いると思います。

クラスに1人くらいの割合です。

 

その中でもインフルで高熱という人は実力の30%くらいしか力を出せないと思います。

 

多いパターンは

 

試験の数日前熱っぽい、寒気がする、関節が痛い。

様子を見る

発熱

 

 

最初の段階で 医者に行って 事情を話して

 

試験当日だけでも熱を下げて なるべく平常時の実力を出せるように

おねがしてください。  点滴を打って乗り切る人もいました。

 

様子を見ないでください。

 

部活動改革

2018年01月17日

部活動(改革)に関する話題がこれほど盛り上がるのは初めてのことかもしれない。

ブラック部活(生徒の長時間の拘束)とブラック職場、企業(教員の労働環境)の両面から

問題が取り上げられているなのかもしれない。

 

私は個人的に、部活動の活動時間数の削減派だったのだが

現在上がっている「週休1日」「週休2日」などという案には

あまり意味がないと思っている。

 

「プレミアムフライデー」や「「ノー残業デイ」のように

 

なんか一応やってますけど、何か? みたいな形式的な改革モドキで

お茶お濁すのが関の山だと思う。

 

 

どのような形式、変革が一番効果が上がって、尚且つ子供や生徒たちの

成長に寄与して、競技力や文化の力が向上するのか?

 

 

はっきり、最も効果的なのは 年間また週当たりの活動時間数の

大幅削減と時間数の厳守。

 

例えば 野球部  週の活動は月、水、金、で土日は年間12日以内。+年間のトーナメント

週の活動時間数は7時間以内と土日の試合のみ。 シーズンオフは基本的に活動なし。

 

吹奏楽部 週の活動時間は同様に週7時間 活動は主に朝中心、大会前は土曜も行う。

 

 

 

当然兼部も可能。 一人の生徒が サッカーと合唱とロボット部に参加できる。

 

若い時期に一つの競技の1年中時間を使う必要もない。何の才能が開花するかもわからない。

 

 

大学の多くのサークルや部活動は特別強化でスポーツ推薦入試で入学してくる体育会以外は

このような活動しているところが多い。

 

体育会系の部活動でも多くの学生はアルバイトや研究などの制約が多い。

夕方からアルバイトしないと奨学金という学生ローンに押しつぶされる学生も少なくない。

 

ウイークデイは朝練のみ週末に試合形式の練習と長期休みに遠征。という形で

インカレに出場している学校もある。アルバイトも研究室も就活もできるのだ。

 

1年生や2年生の間はアルバイトしたり自然系やボランティア系のサークルで活動したり

多彩な学生生活が送れる。

 

中学生は当然自主性は劣るのである程度管理体制は強化しないといけないのは

生育上当然だが、同じ感じで活動することは可能だと思う。

 

学校外の文化やスポーツ団体への参加も可能になるだろう。

朝練は陸上部、週末は硬式野球 ウイークデイの放課後は学問に打ち込む。とても健全だと思うのだけど?

 

 

 

学問、読書の秋とはいいますが・・・

2017年09月19日

灯火親しむといいます。秋の日はつるべ落としとも言います。

気候も良くなり 夜の時間が長くなり、静寂が集中を促すというわけでしょうか

学問の秋という言葉があります。

 

10月ともなれば入試シーズンを控えて勉学に励む時期という意味もあるかと思います。

 

たしかにアクティブなイメージがある夏に比べて

秋のほうが思索には向いているというのかもしれません。

ただあくまで私の個人的な感覚ですが

 

成績向上している生徒って決して

 

「灯火親しむ」でもいないし

「静寂で思索」もしていない子供が多かったような気がします。

 

逆に「夜にならないと勉強する気にならない。」という 勉強した気病

になっている生徒さんのほうが芳しい成績は上げていない例が多かったような気がします。

 

深夜 家族が寝静まってから ライトスタンドの下で勉強をする。

なんか受験生らしくて十分に勉強をした満足感は得られ充実感は満たされるとは思います。

 

ただ現実私が見てきた数千人の子供たちを見ると

てんやわんやしながら 昼間の時間に自分の勉強時間を見つけて

例えば 放課後から夕食までとか

朝の1時間とか

休日の午前中とか

そういう無駄にしやすい時間帯に やるべきノルマを淡々と 事務作業のように

こなした生徒さんのほうが学習効果は大きかったように思います。

恐らく本人の勉強の充実感や充足感は低かったと思いますけど・・・

 

 

これもまた私の感覚なんですが

これは多分 集中力との関係が少しあるのではないかと思うのです。

 

夜に勉強していると 時間は無限のように感じますよね

さえぎるものがない感覚です。

自分のペースで勉強ができる。

 

ただコマ切れというか

朝とか、昼とか、夕方の時間だと

時間の拘束が大きいので

数十分の間に集中して取り組まざるを得ない

 

ここにその差が生まれてくるのではないかと思うんです。

 

 

入試というのは その本質は良い悪いは別にして

 

短時間にいかに効率よく 情報を処理してできるかを競うものですから普段からその訓練をしている子供とそうでない人ではその差が出るのは当然・・・という気がします。

 

 

フラップ指導会 代表 飯塚晃

1 2 3 4 5 23