小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

作文の書き方

2018年10月31日

今月は作文についてのコラムになります。 下記の文章はおよそ10年前にこの場に掲載したもののリメイクになりますが、作文や小論文などの表現能力の有無は入試において益々重要になっています。 しかし作文ほどその能力や完成度に個人差が現れるものはないと思います。日本語だからそこそこの文章は書けるだろう。というものではありません。数学の応用問題や英語の長文読解と同じくらいの力の差がある分野です。

 

作文が苦手な生徒がいます。決して少数派ではありません。中学3年生を対象にして考えた場合、25%、約4分の1の生徒が「作文は大嫌い。」な生徒です。模擬テストなどの200字作文でさえペンがまったく進まない人もいます。

読書感想文・・・恨みとまではいかないまでも良い思い出を持っていない人も多いですね。 なるべく短い本を読んで、さて感想文を書こう!と原稿用紙に向かう。
浮かんでくるフレーズは・・「面白かった。」「哀しい気持ちになり、考えさせる場面が多かった。」 4行で感想は尽きてしまい、「ダメだ!これは。」とやり直し。
「少し粗筋の紹介で文字数を稼ごう。」と人物紹介と粗筋でページ数を稼ぐ。そして
あとがきの解説から気の利いた部分を抜き出してお茶を濁して提出。
 良い思い出になるはずがありません。

 

実は読書感想文は難易度が高いのです。読書をする題材も内容への切り口も文体も書き手に「お任せ」の状態です。
* 今日の夕飯は何がいい?と聞いて「美味しいものなら何でもいい。」と言われるくらいの難問です。

 

実はここに作文の書き方を学ぶ第一歩があるのです。生徒に作文を指導する際の禁句があります。 
「思ったことや感じたことをそのまま書けばいいんだよ。」 これは最悪だとおもいませんか? それが出来ないから苦労しているんですよね。

 

ピアノを習いに来ている子どもに「感じたままを鍵盤にぶつけなさい。」 なんじゃそれ?ですよね。

美術の授業で「見たままを書けばいい。」といわれても 犬を写生したつもりが 牛?になってしまうのが現実ですよね。

少年野球のコーチが、「いいか!来たボールを ぐっと待って バットでギュと打つんだ!」 長島さん以外ダメですよね。

間違いやすいのはここなのです。生徒たちも勘違いしている人が多いのです。それはこんな誤解です。
① 作文は芸術や音楽のように「個性」が必要。
② 作文には独創性が必要。

これでは天才君以外に作文は書けません。

私は長年 作文、小論文の指導をしてきましたが、この分野も力の差が顕著に顕れます。
これは他の科目と同じです。しかし英語や数学と異なるところは、作文は「考え方」や「勉強の仕方」次第で大きな得点上昇が見られるということです。

来月は作文の勉強の仕方を考えてみようと思いますが、今回は作文、小論文を書く際の心構えだけをお話して終わりにします。

「冷静に考えてみよう。義務教育や大学入試レベルに強烈な個性や独創性やセンスを求めるテストがありうるだろうか? 作文テストの狙いは、『運転免許を取るのに才能は要らない』のと同じようにルールを守って、正確に手際よく物事を処理する能力の判定である。それが入試における作文、小論文の正体である。」
フラップ指導会 代表 飯塚 晃

*大学、高校の推薦入試、AO入試などに対応した作文、小論文の個別指導の受付をしております。ご希望の方はお通いの教室までご連絡ください。

長所を伸ばす?

2018年08月29日

子どもたちの教育に関してよく表題のようなテーマが語られます。

内容の90%が「長所を伸ばせ!」的な主張なのですが、疑問なのが

そのほとんどが具体的な事例が挙げられていないか、「長所を伸ばした方が結果がよい事例」を掲げている説明に過ぎないことが多いのです。

 

私がこの仕事について心がけてきたことの一つが 現実的であれ。  ということです。

イデオロギーや理念で判断をしない。

現実の中に真実がある。

 

欠点を直すより、長所を伸ばせ! 欠点は短所じゃないそれは個性だ!

 大向こう受けはするフレーズですがすべての事例がそうであるはずがありません。  事実関係を丁寧に考えていかないと大きな失敗をしてしまいます。

 

非常に簡単な例をあげて考えてみましょう。

  1. 私の視力は両眼とも0.1以下です。 裸眼ですと運転はおろか日常生活も満足に送れません。 しかし何不自由なく運転もしていますし、日常生活も送れています。
  2. それは視力という短所を、眼鏡という技術で補強させたからです。

② ある大学の数学科を受験する予定の生徒さんは 社会だけが50点で残り4教科はすべて90点台の点数です。 特に数学の能力は突出しています。入試まで3カ月430点が合格ボーダーです。 入試まで弱点教科を補強しますか?得意教科を伸ばしますか?

また合格後は何に力を入れるとよいと思いますか?

③ある陸上選手は驚異的な脚力を持っていますが、上半身の筋力が弱いために終盤に軸がぶれて失速します。 短所は筋力不足です。 

 

皆さん当然だとは思いますが 「その場合は短所を直した方がいいよ。」と思うでしょう?

その通りなのです。 その場合の判断がものすごく大事だと思うのです。

上の例は非常に分かりやすい例で他人の事なので客観的に判断ができますが、これが自分や我が子のことになると客観的に判断できなくなる場合が多いです。

 

皆さんは自分の長所と短所を的確に言える自信がありますか? 難しいですよね。特に長所は・・・ 

短所はどうでしょうか? これも難しいですが短所の方が比較的簡単だと思います。

その見つけ方と対処の仕方については次月に書きたいと思います。

 

今月は 「現実をよく見つめ、判断して 長所、短所への対応を考えよう。」という結論でした。

 

 

フラップ指導会 代表 飯塚 晃

 

 

 

 

 

夏休みにどうしても成績を上げたい人へ!

2018年07月18日

 

 

この夏にどうしても成績を上げたい人へのアドバイスです。

 

1、目標を明確にする。人に宣言する。

 ○○高校、◎×中学、大学に行きたい。そのためにこの位の成績を取る!はっきり口に出して言えるようにしましょう。身近な人(お母さん、お父さん、兄弟や友達、塾の担当の先生など)に宣言してしまいましょう。

 

今まで私が、見てきた生徒さんで「頑張ってみて、それから受験する学校を決める。」と言った人はほとんど成績があがりません。それでは自分に負けます。

 

一番ダメなパターンは、以前も書きましたが、「勉強して頭を良くしたい。」です。最も曖昧、具体性のない目標です。

 

2、人と同じ勉強量では成績は上がらない。

 夏休みは学校がありません。勉強時間とその集中度は一人一人によって違ってきます。自分では今までに比べて勉強時間を増やしたつもりでも周りの人がもっと増えていれば成績は低下します。

 

勉強量と集中度で人に負けて向上はありません。人に負けない。 最低時間量が人より劣っていたら成績上がるはずありません。

 

3、イベントのない夏にする。単調な生活を送ろう。

  夏は華やかな季節です。いろいろ楽しいことがたくさんあります。「たまには気分転換も必要。」「息抜きも大切。」それは余裕のある人に任せておきましょう。自分の希望を成就するためには何かを犠牲にしなければなりません。世間の誘惑に負けない。

花火大会に行って、旅行にも行って、部活に全力を尽くして、田舎に帰省して、

尚且つ成績をどうしても上げたい! 矛盾していますよね。

部活動も旅行も花火大会もとてもいいですよね?素晴らしいと思います。だけど、何かを成し遂げたいなら、何かを犠牲にしなければなりませんよね。

 

夏休みに成績を上げた人に例外なく共通していたのは「単調な生活」言い換えれば「規則正しい生活」を送っていました。部活動があっても 部活が終われば決まった時間から机に向かう。決まったペースで通塾して、自習して帰る。

 

 「大変そうだな~・・」 そう思いますか? 一生そんな生活が続くわけじゃないですよ。自分を一時期だけ違う自分に変えるのです。

             フラップ指導会 代表 飯塚 晃

 国語の勉強法 (教室便りより)

2018年06月13日

毎年6月号のコラムに「国語の勉強法」の題目でコラムを掲載させていただいております。内容はほとんど同じですが、国語の勉強法の本質は変わりないので繰り返し書かせていただきます。

 

「国語の勉強方法がわからない。」という生徒さんがよくいます。

「漢字練習するくらいしか思いつかない。」と言う人もいます。

確かに他の教科に比べて、国語(現代国語)の勉強方法は分かりにくく、はっきりしないかもしれません。 ただ国語というのも教科として成り立っているのですから、勉強方法というのが存在します。その点について少しお話したいと思います。

 まず国語に関する勘違いをなくすことからはじめてください。 次のような考えは全て間違っています。

 

  1. 国語は勉強してもしなくても同じ。日本人だから国語は出来て当たり前。 
  2. 日本の教育制度や受験制度を舐めてはいけません。しっかり能力差がつくような課題、問題が作成されています。国語と言う教科は日常の日本語ではないのです。
  3. 国語と言うのは数学と違って答えが一つじゃない。色々な考えがあってよい。 この勘違いは我々が小学校時代から経験している授業の方法にその原因があるようです。「この文章を読んで何を感じたのかな。」 そこから「感じ方は人それぞれ。」「個性的な意見も認めよう。」のような道徳やある種のイデオロギー的な考えを持ってしまうようです。「自分中心主義」の考えでは国語という教科の勉強はまったく進みません。出題者は何を求めているのか?(筆者ではないです)を考えることから国語は始まります。 何だと思いますか? 個性でしょうか?感性でしょうか?まったく違います。 これが国語で求められる能力です。文章に書かれている内容を(自分勝手な解釈でなく)学問をする上で正確に物事を高速度で把握しなければ高等教育を受けることは出来ません。
  4. 受験問題を研究してみると、難易度の違いは大きく分けて3つあります。
  5. 正確に、すばやく理解する。これが本質です。
  6. 正解は「正確でハイスピードの情報処理、把握能力」です。
  7. 創作力? ほとんど求められません。5%くらいでしょうか?
  8. まず国語と言う教科は学生に何を求めているのでしょうか?それが理解できれば勉強方法も理解できます。
  9.  
  10. 自分が何を感じたか。という考えを一度捨て去ることから始まります。
  11.  
  12. 生徒の意見に募ることに主眼を置いたり、生徒の発言から正解を導く授業を行ったりする授業が展開された経験を多くの人が持たれていると思います。
  13. 「この詩の感想を書いてみよう。」
  14.  
  15. 国語は学問として成立していますので、そんないい加減な考えで出題はされていません。
    同じ文章を読んで複数の意味を許容したら言語は成立しなくなりますよ。答えがしっかり確定可能な設問、条件を設定して発問はされます。
  1. 文書の量の違い。文章量が多いと当然難易度は高くなります。
  2. 使用されている語句の違い。使用されている語句が難解になるに従って難易度は    高くなります。
  3. 問題文、設問の文章、選択の文章の文構造が複雑になる難易度は上がる。国語の問題はこのようにシンプルな方法でに難易度を上げ下げをしています。 
  4.  
  5.  
  6. これを理解できていれば国語の勉強の大筋を理解したことになります。
  7.  単文構造より複文構造の方が難易度は高くなるのと同じです。

 

          フラップ指導会  代表 飯塚 晃

色々気が付いたことやヒントになりそうなこと 3

2018年05月16日

  1. 1.成果の上がらない子は「頭が良くなれば成績が上がる。」と考えます。
  2. 成果の上がる子は「一つ一つの課題を積み上げること」を考えます。 

  なかなか成果の上がらない生徒さんの思考方法は 頭がいいから成績がいい。と考えがちです。勉強をすると頭がよくなって自然と成績が上がってくる。という思考です。

  もちろん頭がもともと良いのに越したことはありませんが、自分が成果を上げるためには「知識を増やして、その使い方のパターンの組み合わせを理解して、スピードと効率を良くする。」という当たり前の積み重ねを続けていくしかないのです。それを理解しないと永遠の成果は上がりません。

 

  1. 2.成果の上がらない子は「自分のミスに対して寛容」ミスに対する接し方は非常に重要です。「おっちょこちょい」「ケアレスミス」「気を付ければ本番では大丈夫。」
  2. 頭が良くなるのが目的なのだからミスは本質的な問題ではない。と考えているのかもしれませんが、全く逆です。成果の上がる子は自分のミスに対しての記憶力が優れているのです。ノートに記録するのか、頭脳に記憶するのかの差はありますが、着実に積み上げてミスの回数を減らしていきます。
  3. 次のようなセリフは危険です。
  4. 成果の上がる子は「自分のミスに不寛容で、そこを掘り下げる。」

 

  1. 3.成果の上がらない子は「ノルマをこなせば成績が上がる。」と考えます。
  2. 成果の上がる子は「作業やノルマの意味を理解しよう」と考えます。

 

    典型的な例ですが、宿題で学校にワークの提出があります。答えを写したり、

    機械的に回答を書き連ねるだけでは学習の意味は全くないですよね。

    ノルマをこなしたのだから、義務を果たしたのだから成績が上がる権利がある。    

    と考えてしまうと停滞の渦に巻き込まれてしまいます。

    「言われたことはやったのに!」では成果は上がりませんよね?

   この作業の目的は何なのか?これを考える子や自然に身についている子は成果は上がります。覚えるのか?理解するのか?速度なのか?

 

            フラップ指導会 代表 飯塚 晃

1 2 3 4 5 84