小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

流山中央教室

こちらは少人数制指導・個別指導の塾、フラップ指導会:流山中央教室のブログです。
流山中央教室からのお知らせや定期試験対策情報(流山市立南部中学校・おおたかの森中学校)、近隣の小学校(流山北小学校・流山小学校・おおたかの森小学校)へ通われている方への情報を掲載しています。
流山中央教室は、南流山駅~おおたかの森駅またはクリーンセンター間の
東武バス「加2号公園前下車」徒歩3分(加台郵便局の隣り)です。

3月13日(土)【中3社会】

2010年03月13日

どうも!五月生まれの神津五月です。

だって、五月っていう位ですから、当然、五月生まれなのであります。

 

本日は中3社会 

公民:現代社会とわたしたちの生活

 

出ました!!!

珍解答が・・・。

 

神津「日本の輸入先第1位はアジアだよ」

   「Tさん、アジアの国名を挙げてごらん」

Tさん「中国!」

神津「ぐっじょっぶ!!!」

   「それでは、Nさん、他にアジアの国は?」

Nさん「え?と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツ

 

 

神津「来た来た来た!!珍解答!ナイスだよ」

 

ふつーの中学生にとっての地理感はこんなもんでしょう。

中学生にとって、国名や地域名は常識ではないのです。

「知識」なのです。

したがって、ぶっ飛んだ答えが出てきても、びっくりはしないのですが、

やはり、ドイツ=アジア と真面目に考えてしまうと

思わず、笑いがこみあげてくる

五月生まれくんでした。

3月12日(金)【英語専科】

2010年03月13日

♪ も?う、い?くつね?ると、五月来るぅ?♪

五月になると五月という文字を見る機会が増え

五月と間違えてしまう、五月です

(上記、「五月」のうち、「さつき」と読むのはどれでしょう)

 

どうも、五月生まれの神津五月です。

 

生徒って、意外と先生の名前覚えないんですよね?

以前、3か月ほど、授業をした生徒に、ふと自分の名前を言えるかと

尋ねたところ、全く答えてくれなかった、という苦い思いがあります。

 

それ以来、私はよく、授業中に、自分の名前を

漢字でフルネーム・読みがな付きで書け!

という、小テストをします。

おかげさまで、流山中央の生徒はほぼ全員

私の名前を言えるようになったとさ・・・(フフフ)。

 

金曜日18:00?18:50は英語専科の授業です。

偶然にも、この時間、ビギナーコースの生徒が4人

集中しまして、開校と同時に満席となりました!

 

それにしても、小学生は元気がいいですわ。

中学生になったとたん、瀕死状態のような、か細い声でしか

音読しないのに・・・

小学生と言ったら、「我が一番なり」と言わんばかりに

大きな声で、発音練習をします。

 

ノートへの、英文練習も、中学生になると

「かったり?」というオーラ全開で、練習をしますが、

 

これまた、小学生は、「我が一番なり」という具合に、

どんどん、練習をしてきます。

 

今回のLESSON1では

Nice to meet you. と How do you do?

の意味の違いを覚えなさい。

そして、見ないで、書けるようになりなさい。

 

という具合に

まだ、初めて習う英語に何の抵抗感もなく

勉強を進める小学生を見て、新鮮さを感じた

五月生まれくんでした。

 

 

3月11日(木)【中3英語】

2010年03月12日

あと、1か月と20日位で、

いよいよ五月ですね

(あっ!「さつき」ではないですよ。「ごがつ」と読みます)

 

どうも、毎度お馴染み、五月生まれと言えば

神津五月です。

 

 

 

3月11日(木) 中3英語 20:30?21:30

流山中央では既存教室に遅れること1週間。

9日(火)に授業が開始されました。

初回授業で、私が出した宿題・・・それは、、、

 

不規則変化表

穴埋め150個 暗記してこいや!!!!!

 

三矢〇台教室で教鞭をとられている

S先生に負けじと、私も大量に宿題をだしました。

 

コツがわかれば、不規則動詞表の暗記はさほど

難しくはないものの・・・

 

果たして、どこまで生徒が真剣になってくれるか

フラップ指導会という塾の初めての小テスト

 

期待と不安

 

そして、結果は

 

145点!!!(全体の平均点です)

 

予想以上の高得点に

思わず、ガッツポーズをした

五月生まれくんでした。

 

≪業務連絡≫

中3の生徒諸君よ

来週の火曜日も150個テスト

するからな。

気合いと根性で覚えてこいや!!!

月曜補講 報告 3月8日

2010年03月08日

流山中央のブログを読み続けている方

ありがとうございます。

さて、これで何回目になるでしょう

     ↓

どうも!!5月生まれの神津五月です!!!

 

 

本日は嬉しいことがありました。

月曜補講にて参加者がどんどん増えてきています。

 

振り返れば

2月8日は0名でした。

1か月でここまで増えるとは!!

 

弊社、社長、飯塚のブログにも

月曜補講の重要性が書かれていますが

やっぱり、月曜補講は大事にすべき時間です。

 

「生徒は何をやっているの???」

 

例えば、

?小4のSくんは

お母さんに、「進研ゼミをやっておいて」と

言われたらしく、60分間ひたすら、解きまくっていました。

家だとなかなか、やれないんですよね。

私も、進研ゼミやっていましたから、よくわかります。

(添削テストが溜まる、溜まる・・・・)

 

 

?小6Nくん

流山北小の某クラスでは今週の金曜日までに

計算ドリルを2回繰り返して、提出するとのことで、

学校の計算ドリルをやっていました。

当初、17時から18時までの予定でしたが、

量が多く、終わらず。

結局、親御さんに許可をとって、

19時までやってもらいました。

一緒に計画も立てました。

「Nくん!!1日4ページずつだぞ

必ずやるんだぞ」

 

 

?中2Mさん

英語の実力を見るために、中1のまとめプリントを

やってもらいました。

う?ん。

どうも人称代名詞が頭に入っていないことが判明。

Iからtheyまでの主格・所有格・目的格・所有代名詞を

練習させて、小テストしました。

最後には、無事に全て書けるようになって

帰らせました。

 

 

 

・・・・・と、こんな具合に

各生徒、勉強する内容はバラバラです。

しかし、ひとつ共通していることが。

それは、主役は生徒だということです。

 

今日、私はホワイトボードを使っての解説は

1秒もしていません。

 

生徒の机を回って、できないところのアドバイスや

ヒントをあげていただけです。

 

自分の手を動かして、頭を使わない限り、

成績は上がりません

(補足:講義を聴くだけで、成績が上がる生徒もほんの数%いるのも事実)。

 

 

ご入会をお考えの方、

是非、月曜補講も有意義に使ってみて下さい。

 

神津

流山市立南部中・誤答レポート

2010年03月02日

毎度お馴染み、5月生まれと言えば、神津。

神津と言ったら、5月生まれの神津五月です。

 

 

昨日の補講で、新発見しました。

流山中央教室の中学生はほとんどが、流山市立南部中学校の生徒です。

2月末に実施された、学年末テストを補講に持ってきてもらいました。

 

中1Mさん、Sくん、数学・・・・・かなり頑張ろうな!!!(汗)

 

すると、おもむろに生徒が

「誤答レポート」なるものを出してきました。

神津 「ん!?」「何だこれ!?」

生徒 「これ明日までに提出なんですよ」

神津 「何をレポートするの?」

生徒 「間違えた問題を解きなおして、レポートにするの」

 

 

聞くところによると、流山市立南部中の中1数学科では

全クラス、この誤答レポートの作成が命じられているとのこと。

 

よく、「テストで間違えたところを、復習しとけよ?」なんて

声を聞きますが、レポートを書かせて提出させる、学校は

初めて見ました。

 

とても良い取り組みだと思います。

学習塾の一講師としての意見ですがね。

やはり、間違えたところをしっかり理解して

自分の手を動かして、解きなおさないと

いつまで経っても、できるようにはなりません。

口だけではなく、レポートとしてそれを実行している

流山市立南部中の中1の数学科の先生方、

素晴らしいと思いました。

 

中2・3の生徒もやっているのかな?

今度聞いてみようっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【本日のつぶやき】

以前、このブログで宣伝した

わたくしが、在籍している合唱団エトワーユが

東京ヴォーカルアンサンブルコンテストにて

銅賞を獲ったことをご報告致します。

証拠はこちら

→http://www.jcanet.or.jp/tokyo/tvec/result.html

 

三度の食事より、歌うことの方が好きな

神津五月でした

1 86 87 88 89 90 91 92