小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

まばし教室

こちらは少人数制指導・個別指導の塾、フラップ指導会:まばし教室のブログです。
まばし教室からのお知らせや定期試験対策情報(松戸第三中学校・新松戸南中学校・旭町中学校・古ヶ崎中学校)、近隣の小学校(馬橋小学校・旭町小・八ヶ崎小学校)へ通われている方への情報を掲載しています。
まばし教室は、馬橋駅西口徒歩2分 マツモトキヨシさんの裏手です。

FLAP 脳トレ ver6 解答編

2007年09月22日

 9月18日の数字遊び問題の解答発表!!
みんな楽しんでもらえたかな。それでは自分の答えと比べてみよう。
解答の一例
0=4+4-4-4
1=44÷44
2=4÷4+4÷4
3=(4+4+4)÷4
4=(4-4)×4+4
5=(4×4+4)÷4
6=(4+4)÷4+4
7=(44÷4)-4
8=4+4+4-4
9=4÷4+4+4
10=(44-4)÷4
さて、どうでしたか?他にもいろいろな出し方がありますよ。
それでは次回のFLAP脳トレをお楽しみに!

試験対策

2007年09月20日

 2学期の中間テストが近づいてきました。フラップでも恒例の試験対策期間がスタートしました。それにもかかわらず気持ちが試験に向いていない生徒がいる。「こら?、そんなんでどうする!自己目標と行動計画はどうなってるんだ?!」(まあ、生徒全員が目標に向けて精一杯努力するようであれば苦労はしないわけですが…)
 やはり、目標がどんな意味を持つかまだ分からない、新入塾生やいまイマイチ気が入らない生徒にはしばらくこちらが主導で教えて行くことになるわけで。
 成績を上げるためには [生徒のモチベーション(目的意識)、授業の質、演習量] この3つが重要です。この3つが重なる時、驚くような相乗効果が生まれます。勿論効率の良い、悪いはあるのでその点は改善していかなければならないのですが、楽して成績は上がりません。やっぱり人より多く演習をしなければ、今より成績を上げることは難しいんです。かといって、勉強が嫌いな段階で「人の2倍やれ!」と教材を渡したところでやるはずもない。
 そこで目標達成のために最小限にすべきことを絞ってあげる。「これだけやれば目標に届くぞ」と具体的に指示を出してあげると、ほとんどの生徒達は取り組み始めます。押し付けられた目標ではなく、自分で立てた自己目標を達成する。ちょっと自信になる。それを積み重ねて行くと、目標も自ら立て、やるべきことを自分で考えられるようになる。すると効率の良い勉強を自分でできるようになるものなのです。
 
 話がちょっとそれました。
 
 土曜日の午前中があいているぞ!中間試験に向けて【特別緊急補講】実施決定!!気合入れて行ってみよー!!

FLAP 脳トレ ver6

2007年09月18日

今回は教室前のメッセージボードにも載せている「FLAP脳トレ」をこちらでも紹介。
今回の問題はネットで見つけた数字を使った脳トレです。
みなさん、電車に乗るとき、切符の数字4つを計算して10にしませんでしたか?
私は必ずやっていました。すぐに答えがでちゃうと逆にがっかりするんですよね。
では、問題…
 数字の4を必ず4つ使って0から10までを表してください。
 いくつ出来るかな?
 例   4+44-4=44   4×4+(4?4)=16
 答えは9月22日の土曜日に発表です。
 塾生は答えがわかったら末定先生に言ってください。プレゼントがもらえるよ!

辞書よりケータイ

2007年09月08日

 今日の読売新聞の1面に「辞書よりケータイ」という見出しで記事が載っていました。
 内容は、漢字を調べる際の年代別携帯電話の利用率と誤った慣用句や語句の使い方についてでした。
 20代では漢字を調べる時にケータイを使う人が8割弱とのこと。この記事だけを読んで一概に紙ベースの辞書を使わなくなったとは言えませんが、確かに生徒(中学生、高校生)の中でも漢字だけでなく英単語もケータイで調べてくる生徒が目に付くようになりました。
 はっきりと言って、携帯についている辞書は勉強の役には立ちません。特に英語で携帯の辞書を使うことはやめてください。たいてい意味を取り違えています。品詞を考え、数多い意味の中から文意に適した意味を選び出すのも勉強、またそれが知識にもなります。
 今はいろいろなタイプの辞書があります。携帯の辞書機能も便利です。しかし状況によってきちんと使い分けができるようになりましょう。

夏期講習やりぬきました

2007年09月04日

 みんな、夏期講習お疲れさま!
 小学生から高校3年生までみんな自分のテーマを決めて最後まで頑張りましたね。
 毎年受験が終わった3年生たちは、講習は楽しかった。またやりたいと言います。受験を終えてあらためて振り返ったときに努力した事や充実した時間、仲間と一緒に頑張ったことが輝いて見えるのでしょう。遊びや部活だけでなくひたむきに努力すること全てが本当に財産になるのですよね。
 今年もひとりひとりの夏期講習が終わりました。全ての生徒がそれぞれの目標やテーマに向けて取り組んできました。受験生も例年以上に努力しています。特に毎回の小テストをみんなが努力していたことに感動を覚えました。ふだん真剣になりきれない生徒が夏期講習に入りすごい力を出すこともしばしばで、講習初回の小テストでみんなが素晴らしい点数をとってきたことに感動してちょっと涙が…。(初回の授業時に小テストの重要性と必要性を懇々と説く時間を毎年準備している…しかし今年はそんな時間は必要なかった。みんな頑張っていたから。)大げさでなく本当に感動しました。おかげで私もうきうきしながら講習が始まり、終わる事ができました。
 この夏期講習でみんな3か月分以上の授業を行いました。終わってホッとしたと思うけど、これがゴールじゃないからね。講習で努力した分をちゃんと結果にして行こう。頑張る人は必ず報われるから。また先生達と一緒に努力を重ねて行こう!                           07.9.4 斉藤

1 80 81 82 83 84 85