小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

北小金教室

こちらは少人数制指導・個別指導の塾、フラップ指導会:北小金教室のブログです。
北小金教室からのお知らせや定期試験対策情報(根木内中学校・小金南中学校・光ヶ丘中学校・東部中学校)、近隣の小学校(小金小学校・根木内小学校・光ヶ丘小学校)へ通われている方への情報を掲載しています。
北小金教室は、北小金駅より徒歩10分 北小金ボウルさんすぐそばです。

読書に対する考察?

2007年12月03日

 先日、中学3年生の国語の授業で作文を書いてもらいました。テーマは「読書に関する調査結果をもとに自分の感じたことを書く」というものでした。「さて、どんな作文が出てくるかな」と待っているとある生徒が、こう書いていました。「(読書を全くしない割合が高いという調査結果に対して)大人が読書の良さを教えていないことが原因だ」と。「むむむ!」私はいろいろな意味で納得しました。
 まず第1に私も中学時代は同じことを思っていたという過去に対する「むむむ!」第2に「確かに読書の良さなんて教えていないよな」という現在に対する「むむむ!」第3に「読書の素晴らしさを教えていかなければ」という未来に対する「むむむ!」です。
 何を隠そう私も読書とは全く無縁の生活を送っていました。中学3年間で読んだ本の冊数は4分の3冊位です(読書感想文の宿題をこなすために仕方なく全体の4分の1程度読んで、原稿用紙を埋めてきた3年間・・・)。
 
 しかしこんな思いも持っていました。「本を読んでる人ってかっこいい」「頭良さそうに見える」「いろいろなことを知っている」という密かな憧れを抱いていました。
 
 そんな私に転機が訪れたのは高校2年生の夏休み。某出版社の夏の文庫本フェアの案内をたまたま手に取ったのです。この頃も読書に対する憧れは続いていました。そこで見つけたある本のストーリーが気になり、早速購入。当時私の活字を読む遅さは偏差値70位で・・・早い話、めちゃくちゃ読むのが遅かったのです。普通の厚さのものでも1ヶ月はかかるはずでした。しかしたまたま選んだその本は何と1週間で読み終わりました。これは私にとっては、世界新記録更新!! 金メダル獲得に似た境地に浸り大変な満足感を覚えました。改め、もちろん内容がとても面白かったのでスラスラと読めたのだと思います。
 
 そこで私は以下のような持論を持つようになりました。
「読書をしない人は本を選んでいない(探していない)。読書=自分にとって良い本を探すことが始まりである」 そんなの当たり前だなんて聞こえてきそうですが、私は実体験でこれをひしひしと感じます。今でこそ月に3冊の読書を目標にしていますが、人から進められた本や最初から○○が欲しいと思って購入する本はあまりありません。本屋さんをぶらぶらっと見回して、インスピレーションがピタッと合ったものを買うようにしています。言い換えれば、直感がビビビっと来るまで本を探し続けるのです。したがって複数冊購入する時もあれば1冊も購入しないことも多々あります。
 
 読書をしようと思っているけど、なかなか始められないという方へ。まずは自分自身でできることは本屋さんをぶらぶらすることです。その際、全く興味がないコーナーも必ずチェックすることです。膨大な本の中から、あなたに訴えかけてくる本がきっとあります。・・・いやその日はないかもしれません。今、考えていることや取り組んでいること、その日に特集されている本、表紙が見える本、たまたま見たときの背表紙の言葉、など同じ本屋さんに違う日に行っても出会う本は違います。まずは読書の良さは自分にとって良い本を探すことから始まるということをお伝えしておきます。
 
あいだみつ○ ではありませんが・・・「良き本との出会いを!」 (偉そうに語ってしまった)神津でした。

17日・18日テスト前補講 終了!

2007年11月18日

北小金教室では17日・18日の2日間で計9時間のテスト前補講を開催しました。
2日間丸々参加して9時間勉強した生徒
追加個別授業で苦手科目を補講でワークを進める生徒
講師からのテスト対策プリントを進める生徒
自分の持っているテキストは全て解き終えて、追加プリントを求める生徒
集中力が持たずに歴史マンガを読んで、気分をリフレッシュさせる生徒
昼休みになると3分後にはいなくなる生徒(全員)
午後の開始時刻に45分も遅れてくる生徒(おい!しっかりしろ!!)
休み時間の長さ決めアミダくじに盛り上がる生徒
様々な生徒がいました。
3年生は今回の定期テストで2学期の評価が決まり、高校へ提出される内申が固まります。最後の戦いとなる2学期期末テスト。各学年で今回もいろいろなドラマが見られそうです。
明日は午後5時?9時で月曜補講があります。心配な点は必ず解決しておきましょう。
2日間まるまる生徒の指導にあたることができて、満足感いっぱいの神津でした。

第2の家

2007年11月14日

現在、期末テスト対策の真っ最中です。
早いところで明日から期末テストが始まります。
いつもならば補講は月曜補講のみなのですが、テスト前に限って主に土日などを利用してテスト前補講が行われます(今回北小金教室は17日・18日・24日)。
補講には講師が常駐していますので、疑問点はすぐにその場で解決することが出来ます。
また、家では集中できないという生徒にも人気があります。
勉強内容は生徒により様々ですが、皆自分でやるべきことを持ってきて黙々と勉強を進めていきます。
しかし、最近補講を担当して感じるのは、勉強ができる環境があるからフラップに来るというよりも(もちろんそのような生徒も大勢いますが)、フラップが好きで集まってきてくれているように感じ始めました(少し手前味噌かな・・!?)
わたくしの個人的な(あくまでも個人的な)理想の教室は、「第2の家」になることです。
学校・家庭・部活以外での自分の存在を認めてくれる場所、人として、やるべきこと・やってはいけないことの善悪を教え、時には親のように、時には友人のように生徒と接する。そして卒塾しても、いつでも「ただいま?」と顔を覗かせてくれるような塾(本日も昨年卒塾した生徒が顔を出してくれました)が作りたいのです。北小金教室が誕生して約1年半強が経ちましたが、徐々にその芽が出来始めたかな・・と思う神津でした。
何はともあれ!中高生よ。 期末テスト 頑張れィ!!!!!

宿題達成度UP・遅刻0キャンペーン

2007年11月03日

 9月・10月の約2ヶ月間、フラップでは宿題達成度UP・遅刻0キャンペーンを実施していました。今回は私が最もよく頑張ったと思う生徒についてお話しします。
 小学生のOさんは9月の1ヶ月間は、宿題をやることはやってきたものの・・・テキストを持ってくるのを忘れてしまう。宿題のページを間違える。など初歩的なことが徹底できずに宿題評価も良くはありませんでした。そこで私は彼女に、「9月の努力賞」を与えました。もちろん「10月は優秀賞を取ってくれよ」という思いでです。
 そして2ヶ月に及ぶキャンペーンは終了しました。彼女はどうなったのか・・・
 素晴らしいです!!見事、宿題達成度パーフェクト&遅刻0を達成しました。
10月の1ヶ月間はものすごい頑張りを見せてくれました。
?授業開始1時間前に来て、宿題のページ数を確認して間違った箇所をやっていないかチェックする。
?月曜補講に来て、宿題の分からない問題を聞きながら、全ての問題をやりきる。
?あと何回パーフェクトになればよいのかゴール地点を意識した。
?最終授業時にはなんと!授業開始1時間30分前に来て、宿題のチェックをしパーフェクト賞を今か今かと待ち焦がれていた。
 どうですか。生徒はこんなにも変化したのです。具体的な目標(1ヶ月間宿題・遅刻パーフェクトを取ること)を掲げて、それに対して何をすればよいか、生徒は考え実行し見事目標達成をしたのです。
是非、今後とも今回のキャンペーンで身につけた力を継続して欲しいと思います。
 こんなにも変化を遂げた生徒を指導できて、非常に感動した神津でした。

小学生特別補講 

2007年10月23日

北小金教室では、先日小学生4・5・6年生を対象に「面積」をテーマにした特別補講を実施しました。
これまで小学生を対象にした特別イベントは、1学期に実施した理科実験教室(スライムをつくろう)でした。これは勉強の色は全くなく、遊びの感覚の企画だったので多くの生徒が参加してくれました。
それに対して今回は、勉強を対象にしたイベント。果たして生徒は集まってくれるのか。
そんな私の不安は杞憂に終わりました。募集開始からあっという間に定員8名になりました。
当日、各学年の生徒は黙々と問題を解いていました。かなり多くの問題を用意しましたが、面積に飽き足らず体積の内容もやりたいという、積極的な希望も聞かれました。
今回は生徒の勉強への意欲を感じることができ、もっと生徒のやる気を刺激する指導をしていきたいと思った神津でした。

1 122 123 124 125 126 127 128