小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

夏休みにどうしても成績を上げたい人へ!

2018年7月18日

 

 

この夏にどうしても成績を上げたい人へのアドバイスです。

 

1、目標を明確にする。人に宣言する。

 ○○高校、◎×中学、大学に行きたい。そのためにこの位の成績を取る!はっきり口に出して言えるようにしましょう。身近な人(お母さん、お父さん、兄弟や友達、塾の担当の先生など)に宣言してしまいましょう。

 

今まで私が、見てきた生徒さんで「頑張ってみて、それから受験する学校を決める。」と言った人はほとんど成績があがりません。それでは自分に負けます。

 

一番ダメなパターンは、以前も書きましたが、「勉強して頭を良くしたい。」です。最も曖昧、具体性のない目標です。

 

2、人と同じ勉強量では成績は上がらない。

 夏休みは学校がありません。勉強時間とその集中度は一人一人によって違ってきます。自分では今までに比べて勉強時間を増やしたつもりでも周りの人がもっと増えていれば成績は低下します。

 

勉強量と集中度で人に負けて向上はありません。人に負けない。 最低時間量が人より劣っていたら成績上がるはずありません。

 

3、イベントのない夏にする。単調な生活を送ろう。

  夏は華やかな季節です。いろいろ楽しいことがたくさんあります。「たまには気分転換も必要。」「息抜きも大切。」それは余裕のある人に任せておきましょう。自分の希望を成就するためには何かを犠牲にしなければなりません。世間の誘惑に負けない。

花火大会に行って、旅行にも行って、部活に全力を尽くして、田舎に帰省して、

尚且つ成績をどうしても上げたい! 矛盾していますよね。

部活動も旅行も花火大会もとてもいいですよね?素晴らしいと思います。だけど、何かを成し遂げたいなら、何かを犠牲にしなければなりませんよね。

 

夏休みに成績を上げた人に例外なく共通していたのは「単調な生活」言い換えれば「規則正しい生活」を送っていました。部活動があっても 部活が終われば決まった時間から机に向かう。決まったペースで通塾して、自習して帰る。

 

 「大変そうだな~・・」 そう思いますか? 一生そんな生活が続くわけじゃないですよ。自分を一時期だけ違う自分に変えるのです。

             フラップ指導会 代表 飯塚 晃