小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

色々気が付いたことやヒントになりそうなこと 3

2018年5月16日

  1. 1.成果の上がらない子は「頭が良くなれば成績が上がる。」と考えます。
  2. 成果の上がる子は「一つ一つの課題を積み上げること」を考えます。 

  なかなか成果の上がらない生徒さんの思考方法は 頭がいいから成績がいい。と考えがちです。勉強をすると頭がよくなって自然と成績が上がってくる。という思考です。

  もちろん頭がもともと良いのに越したことはありませんが、自分が成果を上げるためには「知識を増やして、その使い方のパターンの組み合わせを理解して、スピードと効率を良くする。」という当たり前の積み重ねを続けていくしかないのです。それを理解しないと永遠の成果は上がりません。

 

  1. 2.成果の上がらない子は「自分のミスに対して寛容」ミスに対する接し方は非常に重要です。「おっちょこちょい」「ケアレスミス」「気を付ければ本番では大丈夫。」
  2. 頭が良くなるのが目的なのだからミスは本質的な問題ではない。と考えているのかもしれませんが、全く逆です。成果の上がる子は自分のミスに対しての記憶力が優れているのです。ノートに記録するのか、頭脳に記憶するのかの差はありますが、着実に積み上げてミスの回数を減らしていきます。
  3. 次のようなセリフは危険です。
  4. 成果の上がる子は「自分のミスに不寛容で、そこを掘り下げる。」

 

  1. 3.成果の上がらない子は「ノルマをこなせば成績が上がる。」と考えます。
  2. 成果の上がる子は「作業やノルマの意味を理解しよう」と考えます。

 

    典型的な例ですが、宿題で学校にワークの提出があります。答えを写したり、

    機械的に回答を書き連ねるだけでは学習の意味は全くないですよね。

    ノルマをこなしたのだから、義務を果たしたのだから成績が上がる権利がある。    

    と考えてしまうと停滞の渦に巻き込まれてしまいます。

    「言われたことはやったのに!」では成果は上がりませんよね?

   この作業の目的は何なのか?これを考える子や自然に身についている子は成果は上がります。覚えるのか?理解するのか?速度なのか?

 

            フラップ指導会 代表 飯塚 晃