小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

色々気が付いたことやヒントになりそうなこと 1

2018年3月21日

 

 

私がこの業界に入って丁度30年が経過しました。勤務講師として15年、経営者として15年。あっという間でしたが、色々と気が付いたことや、皆さんのヒントになるかもしれないことを断片的に書き連ねていきたいと思います。1つのテーマで長文にはならないツイッターのようなものを思いつくままに・・・・

 

 

  1. センター国語の漢字の配点はわずか10点(5×2)しかない、ここに時間をかけても千葉県公立高校入試の数学の計算問題も同じ。地域トップ高校の合格者でも計算問題でミスをする人はほとんどいない。大学受験生は小学から高校1年まで、高校受験生も幼いころから基礎的な計算は速かった。 語彙力と計算力は幼いころからの積み重ねが大切で、それが高学力の土台となっている。
  2. かといって漢字や計算ができれば上位高校に合格できるのかといえば当然違う。
  3. 意味はないが、東大をはじめとする難関大学合格者で、漢字でミスを2つ以上する人は事実上皆無。

 

  1. 小学校の英会話教室は役に立つか?とよく聞かれるが、結論は簡単。小学校から成人になるまで継続すれば役に立つが、中学までのお稽古、習い事なら役に立たない。英語を武器にしたいなら中学高校とよりハードなレッスンを受けていかないと意味はない。これはスポーツなどと同じ。
  2. 中学入試で地頭(じあたま)を鍛えた連中に数か月でごぼう抜きされる。

 

  1. 読書をすれば国語力は向上するか?これもよくある質問。この答えも簡単。より難しい、大人向けの書物に自然に入り込むので読書傾向と国語力はほぼ比例する。  
  2. フラップ指導会  代表 飯塚 晃
  3. 取りとめないですが少し続けたいと思います。
  4. 問題はこの後、中学、高校と年齢を重ねるにしたがって読書で国語力を向上させるカーブは鈍くなる。理由は書物の難易度の上昇がなくなるから。娯楽の読書。情報収集の読書という読書本来の目的になればなるほど国語力の向上という目的からは遠くなる。大人が毎日スポーツ新聞や週刊誌を読んでも国語力はつかないのと同じ。
  5. 小学生低学年は確実に向上する。 高学年もその傾向は非常に強い。この年代までは
  6. より難しい、大人向けの書物に自然に入り込むので読書傾向と国語力はほぼ比例する。

    問題はこの後、中学、高校と年齢を重ねるにしたがって読書で国語力を向上させるカーブは鈍くなる。理由は書物の難易度の上昇がなくなるから。娯楽の読書。情報収集の読書という読書本来の目的になればなるほど国語力の向上という目的からは遠くなる。大人が毎日スポーツ新聞や週刊誌を読んでも国語力はつかないのと同じ。

     

    取りとめないですが少し続けたいと思います。

     

    フラップ指導会  代表 飯塚 晃