小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

部活動改革

2018年1月17日

部活動(改革)に関する話題がこれほど盛り上がるのは初めてのことかもしれない。

ブラック部活(生徒の長時間の拘束)とブラック職場、企業(教員の労働環境)の両面から

問題が取り上げられているなのかもしれない。

 

私は個人的に、部活動の活動時間数の削減派だったのだが

現在上がっている「週休1日」「週休2日」などという案には

あまり意味がないと思っている。

 

「プレミアムフライデー」や「「ノー残業デイ」のように

 

なんか一応やってますけど、何か? みたいな形式的な改革モドキで

お茶お濁すのが関の山だと思う。

 

 

どのような形式、変革が一番効果が上がって、尚且つ子供や生徒たちの

成長に寄与して、競技力や文化の力が向上するのか?

 

 

はっきり、最も効果的なのは 年間また週当たりの活動時間数の

大幅削減と時間数の厳守。

 

例えば 野球部  週の活動は月、水、金、で土日は年間12日以内。+年間のトーナメント

週の活動時間数は7時間以内と土日の試合のみ。 シーズンオフは基本的に活動なし。

 

吹奏楽部 週の活動時間は同様に週7時間 活動は主に朝中心、大会前は土曜も行う。

 

 

 

当然兼部も可能。 一人の生徒が サッカーと合唱とロボット部に参加できる。

 

若い時期に一つの競技の1年中時間を使う必要もない。何の才能が開花するかもわからない。

 

 

大学の多くのサークルや部活動は特別強化でスポーツ推薦入試で入学してくる体育会以外は

このような活動しているところが多い。

 

体育会系の部活動でも多くの学生はアルバイトや研究などの制約が多い。

夕方からアルバイトしないと奨学金という学生ローンに押しつぶされる学生も少なくない。

 

ウイークデイは朝練のみ週末に試合形式の練習と長期休みに遠征。という形で

インカレに出場している学校もある。アルバイトも研究室も就活もできるのだ。

 

1年生や2年生の間はアルバイトしたり自然系やボランティア系のサークルで活動したり

多彩な学生生活が送れる。

 

中学生は当然自主性は劣るのである程度管理体制は強化しないといけないのは

生育上当然だが、同じ感じで活動することは可能だと思う。

 

学校外の文化やスポーツ団体への参加も可能になるだろう。

朝練は陸上部、週末は硬式野球 ウイークデイの放課後は学問に打ち込む。とても健全だと思うのだけど?