小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 学童コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

勉強方法 社会

2017年12月19日

 

 

社会について考えてみたいと思います。

よく聞く言葉が「社会は暗記科目」と言うものです。本当に社会は暗記科目なのでしょうか? 答えは、半分はYES,そして半分はNO!です。

なぜYESなのかと言うと、全ての科目は暗記科目だからです。暗記と言うのが適切でないとすれば、「知識量が必要」と言い換えてもいいです。英語でも、数学でも、理科でも、国語でも同じです。知識の蓄積がなければ解答は得られません。「否!数学や理科は思考力が大切だ。」という方がいるかもしれません。確かに思考力は大切ですが、何の知識の裏づけがないところに思考は存在しません。また大学のセンター入試レベルの問題は思考しなくても訓練で即答が可能なはずです。

では、なぜ半分はNOなのでしょう?社会の歴史・・人物名や年号や事件は暗記しなければならないのでは?そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに人物や出来事などの名称は覚えなければいけませんね。それは間違いないことです。

NOといえる理由を2つあげます。

 1つ目、入試問題は文字の暗記だけでは点数が取れないように作成されているからです。

歴史でも地理でも、現在の入試問題は一問一答形式の問題はあまりありません。グラフ、地図、写真、絵画、歴史的資料など文字以外のビジュアル資料を用いて出題されることが多いのです。例えば、葛飾北斎=化政文化というワードを文字で覚えていても得点できる可能性より、神奈川沖波裏の実際の画像を見て、その時代背景がイメージ出来るほうが試験の正解は得られやすいのです。また、千葉県の入試で年号をそのまま問う問題は出題されたことはなく、年代の並べ替え問題は、歴史の流れが理論的の整理されている人が得点できるように作られています。つまり、出題者は丸暗記をした受験生には得点があまり取れない問題を作成しているのです。

2つ目は、暗記の効率です。歴史の暗記をする際に、その背景になる時代の一般常識や興味があるかないかによって、教科書の内容を覚える効率はまったく違ってきます。大河ドラマ、ゲームの三国志や戦国時代など知識のベースが遊びや娯楽の中で出来上がっている時代の内容を暗記するのは簡単ですが、小学生時代から歴史、世界地理などにまったく興味を示さなかった生徒が教科書内容を覚えるのは大変なのです。

さて勉強方法に戻りましょう。社会の勉強方法、それは日常生活の中にあるのです。テレビや漫画やゲームや新聞や旅行などなどです。そういう日常に歴史や世界への扉があるのです。そういうモノに触れる日常を過ごすことが一番効果的なのです。しかし現実的に入試で点数を取るためには何をしたらいいのか?それを知りたいですよね。

ずばりいいます。それは「教科書と地図帳を頭に叩き込むことです。」教科書の暗記ではありません。先ほども書いたように「文字を文字として暗記」するのは効果が薄いのです。この頃の教科書は写真、グラフ、資料などが満載です。それらのビジュアル資料と文字を何十回と読み返してください。  フラップ指導会 代表 飯塚 晃