小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

コーチカーター 再掲

2017年10月11日

9年か10年前にDVDで観た映画でその時の感想を再掲する。

基本的にスポコン物の映画やドラマは好きで封切り映画で見に行く何割かは

スポコン物なのだが理由は大体期待を裏切らないというのももちろんだが

 

最大の理由は 気持ちをアップさせてくれるから

この映画も同じです。

 

 

 

コーチ カーター アメリカのスポ根物である。
負け続けの 高校に元名選手がコーチとして就任して
苦労して一癖も二癖もある生徒たちを鍛えて
奇跡の勝利を収める。 選手は立ち直る。 っていう典型的なアメリカのスーポーツもの。

私は結構 この手の映画が好きなのだ。

*このまえ「しゃかりき」を見に行ったが いま100だった。
 ぜぜぜんぜんつまらなかった。

アメリカのスポーツ物でも
日本のスポ根でも 大体ストーリーは同じで

・怠惰な生徒に規律やルール厳守、チームの重要性を仕込む。
・成功、勝利のためには多くの犠牲が伴う。
・いつも周囲の人間に理解されるとは限らない。

・我を抑えつつ 個性を生かすことが強力なチームつくりの要諦

根性というと 日本の専売特許のようなイメージがあるが
どう考えても アメリカのほうがブラッツアンドガッツ(血と根性)を強調している。

腕立て500回とか
ダッシュ1000本とか常識外の体罰を平気でやってる。

 この映画は高校バスケット題材としているが アメリカの基本的精神を強く感じる。

貧しい黒人の高校生が 学業成績とバスケのスカラシップで 大学へ進学することを
カーターは一番の目的にしている。

格差社会の底辺からの脱出だ。

授業に出席しろ。
平均評定2.3を獲れ。
試合に行く時はネクタイ着用だ。
センスに頼らない基本に忠実なプレーをしろ。持久力をつけろ。

自分の努力、自助努力でのし上がれ。

アメリカスポ根の底辺にはこのようなマインドが流れている。

 

とても説教臭いが そこがまた気付け薬になってよい。