小学生は4~8名、中学生は8名、個別指導は2名までの少人数制の塾、個別指導塾のフラップ指導会です。松戸市、流山市、柏市(南柏)を中心に一人ひとりの力を伸ばす指導を行っています。


  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース

フラップ代表飯塚晃のモチベーションUPブログ

学問、読書の秋とはいいますが・・・

2017年9月19日

灯火親しむといいます。秋の日はつるべ落としとも言います。

気候も良くなり 夜の時間が長くなり、静寂が集中を促すというわけでしょうか

学問の秋という言葉があります。

 

10月ともなれば入試シーズンを控えて勉学に励む時期という意味もあるかと思います。

 

たしかにアクティブなイメージがある夏に比べて

秋のほうが思索には向いているというのかもしれません。

ただあくまで私の個人的な感覚ですが

 

成績向上している生徒って決して

 

「灯火親しむ」でもいないし

「静寂で思索」もしていない子供が多かったような気がします。

 

逆に「夜にならないと勉強する気にならない。」という 勉強した気病

になっている生徒さんのほうが芳しい成績は上げていない例が多かったような気がします。

 

深夜 家族が寝静まってから ライトスタンドの下で勉強をする。

なんか受験生らしくて十分に勉強をした満足感は得られ充実感は満たされるとは思います。

 

ただ現実私が見てきた数千人の子供たちを見ると

てんやわんやしながら 昼間の時間に自分の勉強時間を見つけて

例えば 放課後から夕食までとか

朝の1時間とか

休日の午前中とか

そういう無駄にしやすい時間帯に やるべきノルマを淡々と 事務作業のように

こなした生徒さんのほうが学習効果は大きかったように思います。

恐らく本人の勉強の充実感や充足感は低かったと思いますけど・・・

 

 

これもまた私の感覚なんですが

これは多分 集中力との関係が少しあるのではないかと思うのです。

 

夜に勉強していると 時間は無限のように感じますよね

さえぎるものがない感覚です。

自分のペースで勉強ができる。

 

ただコマ切れというか

朝とか、昼とか、夕方の時間だと

時間の拘束が大きいので

数十分の間に集中して取り組まざるを得ない

 

ここにその差が生まれてくるのではないかと思うんです。

 

 

入試というのは その本質は良い悪いは別にして

 

短時間にいかに効率よく 情報を処理してできるかを競うものですから普段からその訓練をしている子供とそうでない人ではその差が出るのは当然・・・という気がします。

 

 

フラップ指導会 代表 飯塚晃